ゴットフリート・キルヒ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゴットフリート・キルヒ

ゴットフリート・キルヒ(Gottfried Kirch またはKirche, Kirkius、 1639年12月18日- 1710年7月25日)はドイツ天文学者である。組織的な天文観測を行った先駆者であり、彗星星団の発見者である。

ザクセン公国のグーベン(Guben、現ブランデンブルク州)の靴屋の息子に生まれた。ザクセンやフランケンの暦発行者で働き、イェーナで天文学を学ぶようになり、ダンツィヒヨハネス・ヘヴェリウスのもとで学んだ。1667年にキルヒは暦を発行し、望遠鏡や天体観測器具の製作を行った。 1686年ライプツィヒに移り、クリストフ・アルノルトとともに1686年の大彗星を観測した。ライプツィヒでアルノルトのもとで天文学を学んでいた2度目の妻となるMaria Margarethe Winckelmann (1670-1720)と出会った。1688年には新しい星座 ブランデンブルクのおうこつ座を作ったが、現在は使われていない。

1700年プロイセンフリードリヒ1世に招かれ、最初のプロイセン王立科学アカデミーの王室天文学者となった。

おおぐま座二重星ミザールの観測を行った。1681年にはたて座M11野鴨星団を発見し、1702年にはへび座球状星団M5を発見した。1687年には、はくちょう座の変光星(はくちょう座カイ星)を発見した。

キルヒの名は、1680年11月14日に発見したキルヒ彗星によって知られている。この彗星は、望遠鏡を使って初めて発見された彗星である。また、1699年の暮れに観測した彗星は、(55P)テンペル・タットル彗星だと20世紀になって同定された。

小惑星(6841)ゴットフリート・キルヒクレーターにキルヒの名が命名された。