ゴットハルト・ハンドリック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ゴットハルト・ハンドリック Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム Karl Hermann Gotthard Handrick
国籍 ナチス・ドイツの旗 ナチス・ドイツ
競技 近代五種競技
生年月日 (1908-10-25) 1908年10月25日
出身地 Flag of the German Empire.svg ドイツ帝国
Flagge Königreich Sachsen (1815-1918).svg ザクセン王国
ツィッタウ
没年月日 (1978-05-30) 1978年5月30日(69歳没)
死没地 西ドイツの旗 西ドイツ
アーレンスブルク
オリンピック 1936年ベルリン
編集 テンプレートのヘルプを表示する
ゴットハルト・ハンドリック
Gotthard Handrick
所属組織 Balkenkreuz.svgドイツ空軍
軍歴 1929年 - 1945年
最終階級 大佐
テンプレートを表示

カール・ヘルマン・ゴットハルト・ハンドリックKarl Hermann Gotthard Handrick1908年10月25日 - 1978年5月30日)は、ドイツ近代五種競技選手、軍人スペイン内戦で5機、第二次世界大戦で10機を撃墜したドイツ空軍エース・パイロットである。

経歴[編集]

1936年オリンピックのメダル授与式で、表彰台の真ん中に立ち敬礼するハンドリック

1908年10月25日ザクセン王国ツィッタウで生まれる。1929年アビトゥーア合格後、ヴァイマル共和国軍に入隊。高い運動能力を有していたハンドリックはベルリン近郊のヴュンスドルフのスポーツ学校に入学するように命じられた。1936年8月、ベルリンオリンピックに出場し、近代五種競技で金メダルを獲得した[1][2]。これ以降、レナ・シェーネボルン2008年北京オリンピックで金メダルを獲得するまで、ドイツ人選手は近代五種競技でメダルを獲得できなかった。

スペイン内戦[編集]

1937年7月18日コンドル軍団第88戦闘飛行隊の飛行隊長に任命された[3]。ハンドリックはスペイン内戦中、プロペラオリンピックマークが描かれたメッサーシュミット Bf109 Dに搭乗した。ハンドリックは5機(1937年9月9日I-151938年5月18日I-16を含む)を撃墜してエース・パイロットとなり、この戦功から剣付スペイン十字章金章を授与された。

第二次世界大戦[編集]

1938年に本国に帰還し、1939年5月1日第26戦闘航空団第I飛行隊(I./JG 26)の飛行隊長1940年6月24日にはJG 26の戦闘航空団司令となった[4][5]8月26日、メルゼブルク予備戦闘飛行隊の飛行隊長となり、アドルフ・ガーランド中佐が後任となった。10月7日ブカレストのピペラに移転した第52戦闘航空団第III飛行隊(III./JG 52)の飛行隊長となり、クレタ島周辺で戦闘を支援した。10月14日、III./JG 52は第28戦闘航空団(JG 28)に改編され、ハンドリックは同航空団の戦闘航空団司令となった。1941年1月4日、JG 28はIII./JG 52に再編された。6月23日ベルンハルト・ヴォルデンガ少佐に代わり、第77戦闘航空団(JG 77)の戦闘航空団司令となった。ハンドリックは東部戦線で、9月29日MiG-3を、10月22日Pe-2を撃墜した。1942年5月、新たに設立された第5戦闘航空団(JG 5)の戦闘航空団司令に任命され、ゴードン・ゴロプ少佐が後任となった。1943年6月15日オストマルク戦闘航空兵指導官となり、10月17日ドイツ十字章金章を受章した[6]1944年6月15日、オストマルク戦闘航空兵指導官は第8戦闘機師団に再編され、ハンドリックは戦争が終結するまで同師団の師団長を務めた。1945年初頭のボーデンプラッテ作戦には作戦参謀の一人として参加した。

戦後[編集]

ヴィッテンで実業家として働いた後、ハンブルクダイムラー・ベンツの代理人として働いた[7]。退職後、アーレンスブルクで暮らし、1978年5月30日にその地で亡くなった。

受勲[編集]

参照[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Olympics Statistics: Gotthard Handrick”. databaseolympics.com. 2012年11月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年7月1日閲覧。
  2. ^ Gotthard Handrick Olympic Results”. sports-reference.com. 2012年11月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年7月1日閲覧。
  3. ^ Caldwell 1991. p. 4.
  4. ^ Caldwell 1991. p. 4.
  5. ^ Caldwell 1991. p. 8.
  6. ^ a b Patzwall & Scherzer 2001, p. 163.
  7. ^ Mandell 1987, online Preface xiii

参考文献[編集]

  • Caldwell, Donald L. (1991). JG 26 Top Guns of the Luftwaffe. Ivy Books. 0-8041-1050-6.
  • Mandell, Richard D. (1987). The Nazi Olympics. University of Illinois Press. 0-252-01325-5.
  • Patzwall, Klaus D.; Scherzer, Veit (2001) (German). Das Deutsche Kreuz 1941 – 1945 Geschichte und Inhaber Band II. Norderstedt, Germany: Verlag Klaus D. Patzwall. ISBN 978-3-931533-45-8. 
  • Toliver, Raymond F. and Constable, Trevor J. (1998). Das waren die Deutschen Jagdflieger-Asse 1939-1945 (in German). Motorbuch Verlag. 3-87943-193-0.

外部リンク[編集]

軍職
先代:
フーベルタス・メアハルト・フォン・ベルネック大尉
第88戦闘飛行隊の飛行隊長
1937年7月18日 - 1938年9月10日
次代:
ヴァルター・グラープマン大尉
先代:
無し
第26戦闘航空団「シュラゲーター」第I飛行隊の飛行隊長
1939年5月1日 - 1940年6月24日
次代:
クルト・フィッシャー大尉
先代:
ハンス= ヒューゴ・ヴィット少佐
第26戦闘航空団「シュラゲーター」戦闘航空団司令
1940年6月24日 - 1940年8月21日
次代:
アドルフ・ガーランド中佐
先代:
リヒャルト・クラウト中佐
メルゼブルク予備戦闘飛行隊の飛行隊長
1940年8月26日 – 1940年10月6日
次代:
アルベルト・ブルーメンザーント少佐
先代:
アレクサンダー・フォン・ヴィンテルフェルト少佐
第52戦闘航空団第III飛行隊の飛行隊長
1940年10月7日 - 1941年6月22日
次代:
アルベルト・ブルーメンザーント少佐
先代:
ベルンハルト・ヴォルデンガ少佐
第77戦闘航空団「ヘルツ・アス」戦闘航空団司令
1941年6月23日1942年5月
次代:
ゴードン・ゴロプ少佐
先代:
無し
第5戦闘航空団「アイスメール」戦闘航空団司令
1942年5月 – 1943年6月
次代:
ギュンター・ショルツ中佐
先代:
無し
オストマルク戦闘航空兵指導官
1943年6月15日1944年6月15日
次代:
第8戦闘機師団
先代:
オストマルク戦闘航空兵指導官
第8戦闘機師団師団長
1944年6月15日 – 1945年5月8日
次代:
無し