ゴジラ 爆闘烈伝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ゴジラ 爆闘烈伝
ジャンル 対戦型格闘ゲーム
対応機種 PCエンジンSUPER CD-ROM²
開発元 アルファ・システム
発売元
プロデューサー 角田純一
竹野雅人
谷口清悟
ディレクター 坂本英己
デザイナー 久保基史
横沼公理
森永由美子
プログラマー 坂本英己
宮崎和久
音楽 森永由美子
安田拓也
吉川雄次
美術 梅田健志
横沼公理
シリーズ ゴジラシリーズ
人数 1 - 2人(対戦プレイ)
メディア CD-ROM
発売日
  • 日本 1994年2月26日 (1994-02-26)
  • アメリカ合衆国 1993年
テンプレートを表示

ゴジラ 爆闘烈伝』(ゴジラ ばくとうれつでん)とは、1994年2月26日に発売されたPCエンジンSUPER CD-ROM²用の対戦型格闘ゲームソフト。

日本より先にアメリカ1993年に発売されている。

概要[編集]

ゴジラ映画に登場する怪獣が登場する対戦格闘ゲームアルファシステムが開発。後の『ゴジラ 怪獣大決戦』にシステム、キャラクターデザイン、BGMを流用している。

対戦相手に応じてゴジラのデザインが代わる。[1]

ゲーム内容[編集]

ステージ構成[編集]

()は登場作品 - 本作のNORMAL MODEで対戦する怪獣の順。

登場キャラクター[編集]

スタッフ[編集]

  • 制作総指揮:小林章
  • 制作:角田純一、竹野雅人、谷口清悟
  • 協力:石井信彦、上野三郎、河村政生、笠原洋介、岩瀬政雄、吉田雅明、(有)東洋音響
  • 企画:久保基史、横沼公理、森永由美子
  • メインプログラマー:坂本英己、宮崎和久
  • ビジュアルプログラマー:宮崎和久、古賀薫
  • 音楽監督:森永由美子
  • 造型:横沼公理、尾上恭輔、宮内敏成、有吉陽平、久富公志、永田竜也、桜井たけし
  • 背景美術監督:梅田健志
  • 背景美術:梅田健志、桜井たけし、佐藤隆一、林瑞代
  • 原画・絵コンテ:横沼公理
  • 動画:大島英正
  • 作画:岡田覚、山本純子、有吉陽平、宮内敏成、尾上恭輔、斉藤武
  • 作曲:森永由美子、安田拓也、吉川雄次
  • 効果音制作:安田拓也、吉川雄次
  • 特殊効果音制作:森永由美子
  • 特別参加:高木大輔、国分政昭、吉良勝弥、前田武士
  • 特技監督:横沼公理
  • 制作指揮:坂本英己
  • マネージメント:佐々木哲哉
  • 開発:Alfa System
  • 制作・販売:Toho Co.Ltd.

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体結果
ファミ通29/40点[2]
月刊PCエンジン74/100点
電撃PCエンジン86.25/100点
PC Engine FAN21.4/30点[3]

ゲーム誌「ファミコン通信」の「クロスレビュー」では9・6・7・7の合計29点(満40点)[2]、「月刊PCエンジン」では65・75・75・75・80の平均74点(満100点)、「電撃PCエンジン」では85・85・90・85の平均86.25点(満100点)、「PC Engine FAN」の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、21.4点(満30点)となっている[3]。1998年に刊行されたゲーム誌「超絶 大技林 '98年春版」(徳間書店)では、「映画によってそれぞれ違うゴジラのディテールや鳴き声、音楽も映画そのままに再現」と紹介されている[3]

項目 キャラクタ 音楽 お買得度 操作性 熱中度 オリジナリティ 総合
得点 4.2 3.8 3.3 3.3 3.7 3.2 21.4

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ '55, '64, '65, '68, '73, '75, '89, '91, '92版の計9種
  2. ^ a b ゴジラ 爆闘烈伝 まとめ [PCエンジン]/ ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2016年1月3日閲覧。
  3. ^ a b c 「超絶 大技林 '98年春版」『Play Station Magazine』増刊4月15日号、徳間書店/インターメディア・カンパニー、1998年4月15日、 583頁、 雑誌26556-4/15。