ゴクラクバト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ゴクラクバト
Bristol.zoo.white.naped.pheasant.pigeon.arp.jpg
ゴクラクバト O. n. aruensis
ブリストル動物園で撮影。
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: ハト目 Columbiformes
: ハト科 Columbidae
: ゴクラクバト属 Otidiphaps
: ゴクラクバト O. nobilis
学名
Otidiphaps nobilis
(Gould, 1870)
和名
ゴクラクバト(極楽鳩)
英名
Pheasant Pigeon

ゴクラクバト(学名:Otidiphaps nobilis)は、ハト目ハト科に分類される鳥類。ゴクラクバト1種でゴクラクバト属Otidiphaps)を形成している。

分布[編集]

ニューギニアとその周辺の島々に分布している。

特徴[編集]

うなじ以外の全身の羽は主に青色と赤色で、非常に鮮やかな体色をしている。うなじの部分の羽の色は、知られている4亜種でそれぞれ異なる。

亜種[編集]

  • O. n. nobilis
    • うなじの羽の色は緑。
  • O. n. aruensis
  • O. n. cervicalis
    • うなじの色は灰色。
  • O. n. insularis(クロエリゴクラクバト[注 1]

人間との関係[編集]

ファーガソン島に生息するゴクラクバトの仲間「クロエリゴクラクバト[注 1] 」は、1882年に発見が報告されて以来生息が確認できていなかったが、2022年にアメリカの環境団体や鳥類学研究所などの調査チームによって140年ぶりに生息が確認され、その姿を動体記録カメラで撮影することに成功した[1]。詳しい生態や生息数などは分かっていないが、環境の変化などによって生息数は減少しており絶滅の危機に瀕しているものとみられている。

画像[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 「クロエリゴクラクバト」という和名はCNN日本局によって明示された呼称であり鳥類学会の公式和名としては決定していない。