コール・ビーズリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
No image.svg コール・ビーズリー American football pictogram.svg
Cole Beasley
ダラス・カウボーイズ No.11
基本情報
ポジション ワイドレシーバー
生年月日 (1989-04-26) 1989年4月26日(29歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国テキサス州ヒューストン
身長 5' 8" =約172.7cm
体重 177 lb =約80.3kg
経歴
大学 南メソジスト大学
ドラフト外 2012年
初出場年 2012年
初出場チーム ダラス・カウボーイズ
所属歴
受賞歴・記録
NFL 通算成績
(2014年終了時点)
レシーブ回数 91回
レシーブ獲得ヤード 916ヤード
TDレシーブ 6回
Player stats at NFL.com
Player stats at PFR

コール・ビーズリー(Cole Beasley 1989年4月26日 - )はテキサス州ヒューストン出身のアメリカンフットボール選手。現在NFLダラス・カウボーイズに所属している。ポジションはワイドレシーバー

経歴[編集]

高校時代はクォーターバックとしてプレーした。大学進学前、Rivals.comからは二つ星に評価された。南メソジスト大学に進学後、ワイドレシーバーにコンバートされた。低身長であったものの、彼は活躍し、チームは2009年にはハワイボウルネバダ大学に45-10、2010年にはアームドフォースボウル陸軍士官学校に勝利した。大学がボウルゲームで勝利したのは、1980年代デスペナルティを受けて以来初のことであった[1]

2012年のNFLドラフトで指名されなかったものの、ダラス・カウボーイズとドラフト外フリーエージェントで契約した。サンディエゴ・チャージャーズとのプレシーズンゲーム第2週のサンディエゴ・チャージャーズ戦では7回のレシーブで104ヤードを獲得した[2]。プレシーズン第3週のセントルイス・ラムズ戦でも3回のレシーブで40ヤードを獲得した[3]

11月のワシントン・レッドスキンズ戦ではマイルズ・オースティンが第1Qに負傷したことから、77回中61回のスナップに出場、それまで12回のレシーブで101ヤード獲得の彼は、13回パスターゲットとなり、7回のレシーブで68ヤードを獲得した[4]

2013年には、第3ダウンの状況で、マークのきついジェイソン・ウィッテンデズ・ブライアントよりも有効なパスターゲットにもなって、第12週のニューヨーク・ジャイアンツ戦ではダン・ベイリーの決勝FGにつながる貴重なキャッチをあげている[5]

2014年はスロットレシーバーとして、37回のレシーブで420ヤード、4TDをあげた。2015年3月、4年1360万ドルで契約延長を果たした[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ SMU Death Penalty, Pony Express Profiled On ESPN 30 for 30's 'Pony Excess'”. AOL (2010年12月11日). 2013年4月28日閲覧。
  2. ^ Calvin Watkins (2012年8月19日). “Cole Beasley leads in receiving, loses lunch”. ESPN. 2013年4月28日閲覧。
  3. ^ QBロモが大爆発、第1Qだけで198ヤード&2TD”. NFL JAPAN (2012年8月26日). 2013年4月28日閲覧。
  4. ^ Jon Machota (2012年11月29日). “For Cole Beasley, an increase in playing time leads to an increase in autographs”. ダラス・モーニングニュース. 2013年4月28日閲覧。
  5. ^ Rainer Sabin (2013年12月3日). “Dallas Cowboys WR Cole Beasley delivering in big situations”. 2015年3月10日閲覧。
  6. ^ カウボーイズ、WRビーズリーと4年の契約延長”. NFL JAPAN (2015年3月4日). 2015年3月10日閲覧。

外部リンク[編集]