コール・ビーズリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
No image.svg コール・ビーズリー American football pictogram.svg
Cole Beasley
refer to caption
カウボーイズ時代のビーズリー
バッファロー・ビルズ #10
ポジション ワイドレシーバー
生年月日 (1989-04-26) 1989年4月26日(33歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国テキサス州ヒューストン
身長 5' 8" =約172.7cm
体重 177 lb =約80.3kg
経歴
大学 南メソジスト大学
ドラフト外 2012年
初出場年 2012年
初出場チーム ダラス・カウボーイズ
所属歴
2012-2018 ダラス・カウボーイズ
2019- バッファロー・ビルズ
NFL 通算成績
(2020年終了時点)
レシーブ回数 468回
レシーブ獲得ヤード 5,016ヤード
タッチダウン 33回
Player stats at NFL.com
Player stats at PFR

コール・ビーズリー(Cole Beasley 1989年4月26日 - )はテキサス州ヒューストン出身のアメリカンフットボール選手。現在NFLバッファロー・ビルズに所属している。ポジションはワイドレシーバー

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

高校時代はクォーターバックとしてプレーした。大学進学前、Rivals.comからは二つ星に評価された。南メソジスト大学に進学後、ワイドレシーバーにコンバートされた。低身長であったものの、彼は活躍し、チームは2009年にはハワイボウルネバダ大学に45-10、2010年にはアームドフォースボウル陸軍士官学校に勝利した。大学がボウルゲームで勝利したのは、1980年代デスペナルティを受けて以来初のことであった[1]

ダラス・カウボーイズ[編集]

2012年のNFLドラフトで指名されなかったものの、ダラス・カウボーイズとドラフト外フリーエージェントで契約した。サンディエゴ・チャージャーズとのプレシーズンゲーム第2週のサンディエゴ・チャージャーズ戦では7回のレシーブで104ヤードを獲得した[2]。プレシーズン第3週のセントルイス・ラムズ戦でも3回のレシーブで40ヤードを獲得した[3]

11月のワシントン・レッドスキンズ戦ではマイルズ・オースティンが第1Qに負傷したことから、77回中61回のスナップに出場、それまで12回のレシーブで101ヤード獲得の彼は、13回パスターゲットとなり、7回のレシーブで68ヤードを獲得した[4]

2013年には、第3ダウンの状況で、マークのきついジェイソン・ウィッテンデズ・ブライアントよりも有効なパスターゲットにもなって、第12週のニューヨーク・ジャイアンツ戦ではダン・ベイリーの決勝FGにつながる貴重なキャッチをあげている[5]

2014年はスロットレシーバーとして、37回のレシーブで420ヤード、4TDをあげた。2015年3月、4年1360万ドルで契約延長を果たした[6]

2015年デズ・ブライアントの怪我もあり、チーム内で2位となる52レシーブで536ヤード、5レシーブタッチダウンを記録した[7]

2016年は75回レシーブで833ヤードを稼ぎ5タッチダウンを挙げた[7]

2017年は36回レシーブ、314ヤード獲得という成績であった[7]

2018年は65回レシーブ、672ヤードという成績であった[7]

バッファロー・ビルズ[編集]

2019年3月13日にバッファロー・ビルズと4年2900万ドルで契約した[8]。主にジョシュ・アレンのショートからミドルパスのターゲットとして起用される[9]。 第6週のマイアミ・ドルフィンズ戦で移籍後初タッチダウンを挙げた[10]。この年は67回レシーブで778ヤード、6タッチダウンを挙げた[7]

2020年はキャリアハイとなる82回レシーブで967ヤードを記録し、オールプロのセカンドチームに選ばれた。チームはプレーオフ第2シードを獲得し、AFCチャンピオンシップゲームにまで進出した。ビーズリーはこのプレーオフ3試合に全て出場したが、のちに腓骨骨折を押して出場していたことがわかった[11]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ SMU Death Penalty, Pony Express Profiled On ESPN 30 for 30's 'Pony Excess'”. AOL (2010年12月11日). 2013年4月28日閲覧。
  2. ^ Calvin Watkins (2012年8月19日). “Cole Beasley leads in receiving, loses lunch”. ESPN. 2013年4月28日閲覧。
  3. ^ QBロモが大爆発、第1Qだけで198ヤード&2TD”. NFL JAPAN (2012年8月26日). 2013年4月28日閲覧。
  4. ^ Jon Machota (2012年11月29日). “For Cole Beasley, an increase in playing time leads to an increase in autographs”. ダラス・モーニングニュース. 2013年4月28日閲覧。
  5. ^ Rainer Sabin (2013年12月3日). “Dallas Cowboys WR Cole Beasley delivering in big situations”. 2015年3月10日閲覧。
  6. ^ カウボーイズ、WRビーズリーと4年の契約延長”. NFL JAPAN (2015年3月4日). 2015年3月10日閲覧。
  7. ^ a b c d e Cole Beasley stats” (英語). Pro-Football-Reference.com. 2021年2月18日閲覧。
  8. ^ Bills signing wideout Cole Beasley”. ProFootballTalk.NBCSports.com (2019年3月12日). 2021年2月18日閲覧。
  9. ^ WRビーズリーはビルズの安全弁だとQBアレン”. NFL JAPAN (2019年6月20日). 2021年2月18日閲覧。
  10. ^ Bills' Cole Beasley: Notches late touchdown in win” (英語). CBSSports.com (2019年10月20日). 2021年2月18日閲覧。
  11. ^ 腓骨骨折を抱えてプレーオフを戦い抜いたビルズWRビーズリー”. NFL JAPAN (2021年1月26日). 2021年2月18日閲覧。

外部リンク[編集]