コールマン (キャンプ用品)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コールマン Company, Inc.
企業形態 Jardenの子会社
業種 運動用品、アウトドア用品
設立 1900年
本拠所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カンザス州ウィチタ
代表者等 Sam A. Solomon, 社長兼CEO
Dan Hogan, 上級副社長,海外担当でCFO
従業員数 3,690人 (est.)[1]
ウェブサイト www.coleman.com

コールマンColeman Company, Inc. )は、アメリカ合衆国キャンプ用品製造・販売業者。1900年頃にウィリアム・コフィン・コールマンによってオクラホマ州で創業。当初はガソリン式ランプの販売を行っていた。ただし当時のガソリン式ランプは故障しやすいという弱点があったため、すぐにリース方式に切り替え、こまめにメンテナンスを行うことによって顧客の信頼を得るよう工夫した。1902年にはカンザス州に移転した。

概要[編集]

ガソリン式ランプの優位性を感じたコールマンが1900年に前身となる販売会社「ハイドロカーボン・ライトカンパニー」を設立。このころ販売されていたランプは粗悪品が多く、消費者に悪評が広まっていたため販売は伸び悩んでいた。これを打開するために「1週間で1ドル」のリース形式に切り替えると売上高は伸びたものの、このリース代金には修理費も含まれていたため修理品が大量に持ち込まれるようになり、会社の負担も大きくなってしまった。 このためコールマンは耐久性とメンテナンス性を向上させたガソリンランプを自ら開発するようになり、1905年に自社製造のガソリンランプの販売を開始した。 

当初はガソリン式ランプを専門に扱っていたが、電灯が普及するようになると屋外でも使えるガソリン式ランタンを開発し、1914年に「アークランタン」として販売を開始する。当初これは牛小屋・馬小屋などで使われた。これらの製品はアメリカ軍にも納入された。

第一次大戦後のモータリゼーションブームによってオートキャンプのスタイルが確立されると、この分野の将来性に目をつけたコールマンは1923年には燃焼器具を二つ並べた「キャンプストーブ」の販売を開始。非常に完成度の高いこのストーブは幾度かのモデルチェンジを経るものの、現在もほぼ同じものが「ツーバーナー」として販売されている。

1942年には米軍に依頼され戦場で使う調理用ガソリン式ストーブの製造を開始する。完成品の条件は「摂氏マイナス51度からプラス52度の環境で作動し、なおかつ1クォートのミルク缶に収まるもの」という厳しいものであった。このストーブはGIポケットストーブ(モデル520)と呼ばれ、従軍記者のアーニー・パイルが「戦争におけるもののうち、武器以外での主要発明品はジープとGIストーブだ」と書いたことから注目されるようになった。現代ではテントなどキャンプ用品全般を扱っている。なおGIストーブはその後モデルチェンジ(最新モデルは1950年制式採用のM-1950)を経て、民生品(モデル536、538)も販売されたが、開発費を負担した米軍に生産工場の決定権があるため製造はSMP(States Machine Products )に移り、現在コールマンでは製造していない。

日本への輸入当初は漁業用の灯火として売り上げを伸ばした。 現在は日本法人のコールマンジャパンがあり、日本向け専用に設計・製造された製品も扱っている。商品は直販のほか、一般のキャンプ用品店、登山用品店、釣具店、ホームセンター、銃砲店(過去販売例)での購入も可能である。

主な製品[編集]

ストーブ[編集]

  • スポーツスターII - ホワイトガソリン燃料のシングルストーブ。初代モデルは1960年代後半に登場、1980年代後半に改良された現行モデルが発売された。
  • フェザーストーブ - ピーク1の系統に連なるシングルストーブ。非常時には自動車用のレギュラーガソリンを使用できる。
  • パワーハウスツーバーナー - コールマンを代表する製品で、原型は1921年に完成していた。
  • パワーマックスシリーズ - 90年代後半に登場したガスを液体の状態で噴出し燃焼させるタイプのストーブ。 低温でも安定した火力が出せることが特徴だったが、専用のガスカートリッジを使用するため普及せず現在は廃盤。入手した場合はT型カートリッジを接続する専用アダプターが必要となる。

ランタン[編集]

  • ノーススターチューブマントルランタン - 筒状のマントルを持ち200ワット以上の輝度を持つガソリンランタン。
  • 635ホワイトガソリンランタン - 1970年代から存在する、チューブマントルランタンが登場するまでワンマントルの最上級機種だった伝統モデル。オリジナルの635はカナダコールマン社製、1990年代に入り復刻させた635Bがあるが光量は初代635以下となっている。この635BはUSAコールマン製である。また、燃料を灯油仕様にした639や639Bモデルもあるが、日本では、正式にコールマンジャパンから販売されていない。635以前のモデルに236(ガソリン)や237(灯油)がある。
  • フェザーランタン - フェザーストーブと同じく、非常時にはレギュラーガソリンも使用できる。ピーク1の系統に連なるランタン。こちらも、ストーブ同様、ピーク1系である。
  • 200Aランタン - 「オールドコールマン」「赤ランタン」と呼ばれ好事家の間で人気が高い製品。1990年代半ばにリイシューモデル(200B)が発売されたが、現在は販売されていない。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]