アイアンブリッジ (橋)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アイアンブリッジ
Iron Bridge
Sunset at Ironbridge.jpg
アイアンブリッジ
通行対象 歩行者
交差 セヴァーン川
所在地 コールブルックデール付近のアイアンブリッジ峡谷
形式 鋳鉄アーチ橋
最大支間長 100 フィート 6 インチ (30.63 m)
着工 1777年11月
竣工 1781年1月
開通 1781年1月1日
文化財指定 第一級指定建築物
座標 北緯52度37分38秒 西経2度29分08秒 / 北緯52.627245度 西経2.485533度 / 52.627245; -2.485533 (Iron Bridge)座標: 北緯52度37分38秒 西経2度29分08秒 / 北緯52.627245度 西経2.485533度 / 52.627245; -2.485533 (Iron Bridge)
アイアンブリッジ (橋)の位置(シュロップシャー内)
アイアンブリッジ (橋)

アイアンブリッジ (Iron Bridge) とは、イングランド中西部シュロップシャー州アイアンブリッジ峡谷において、集落アイアンブリッジからセヴァーン川に架けられた橋で世界初の鋳鉄製のアーチ橋である。コールブルックデール橋とも呼ばれる。1779年に建築され、なお現存している。長さは約 60 m である。

アイアンブリッジは、建築家トーマス・プリチャードによって設計され、製鉄業者エイブラハム・ダービーによって施工された。は、もともとは石炭石灰石を川の対岸へ輸送するために使用されていた。現在では歩行者だけが橋を渡れる。

1986年、アイアンブリッジを含むアイアンブリッジ峡谷ユネスコによって世界遺産に登録された。

歴史[編集]

背景[編集]

橋の航空写真。川沿いを走る幹線道路がすぐそばを通り、多くの建物がすぐ近くに点在することがわかる。
上空から見たアイアンブリッジ

1709年にエイブラハム・ダービー1世コールブルックデールで産出された石炭から製造されたコークスを用いて製鉄を始めた。燃料が地元の鉱山から安価に入手できたため、その後数十年間シュロップシャーは産業の中心地となった[1]。セヴァーン川は重要な貿易路であったがアイアンブリッジ峡谷では往来の妨げとなっており、最寄りの橋は2マイル離れたビルドワスにあった[2][3]。船が頻繁に川を往来し峡谷の斜面が急であったことから橋は橋脚のない単径間の橋が理想であり、背高の船が往来できるよう十分な高さを確保する必要があった[3][4]。斜面が急かつ不安定であることが橋を建設するうえで問題であり、川の対岸には道が集まる場所がなかった[5]

アイアンブリッジは最初に建設された鉄橋とされるがそうではない。1755年にはリヨンで鉄橋が一部建設されたがコスト面の理由から建設が放棄されており[6]、1769年にはヨークシャーで装飾用の水路を跨ぐ歩道橋(錬鉄製、スパン長22.2m)が建設された[7]

参考文献[編集]

引用[編集]

  1. ^ Cossons & Trinder 2002, p. 3
  2. ^ Cossons & Trinder 2002, pp. 3–4
  3. ^ a b History of Iron Bridge”. English Heritage. 2015年6月13日閲覧。
  4. ^ John Wilkinson and the Iron Bridge”. Broseley Local History Society. 2014年4月4日閲覧。
  5. ^ Cossons & Trinder 2002, pp. 4–5
  6. ^ Charlton 2002, p. 11
  7. ^ Cossons & Trinder 2002, p. 9

出典[編集]

外部リンク[編集]