コーリー・ポール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
コーリー・ポール
Corey Paul
Lamigoモンキーズ コーチ
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 イリノイ州シカゴ
生年月日 (1969-06-21) 1969年6月21日(48歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
205 lb =約93 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1987年 MLBドラフト16巡目
初出場 NPB / 1999年6月25日
KBO / 2002年
最終出場 NPB / 2000年10月9日
KBO / 2002年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

コーリー・ポールCorey Paul , 1969年6月21日 - )は、アメリカ合衆国イリノイ州出身の元プロ野球選手外野手)。

経歴[編集]

アメリカ球界時代[編集]

ベルモント高校を経て、1987年のMLBドラフト16巡目でシアトル・マリナーズから指名を受け契約。しかし、マリナーズでは2Aにすら昇格することなく1990年限りで退団し、グレンデール大学に進学する。1996年から1998年は、独立リーグウエスタン・ベースボール・リーグに加盟していたトライシティ・ポッセチコ・ヒートでプレー。

西武時代[編集]

1999年、外国人打者であるアーキー・シアンフロッコグレッグ・ブロッサーアラン・ジンターの3選手がいずれも全く打てず、チームも貧打にあえぎ、そのため外国人選手獲得期限ギリギリで西武ライオンズが緊急補強した。同年はいきなり初打席初本塁打を放つなど12本塁打の活躍を見せたが、2000年トニー・フェルナンデスレジー・ジェファーソンが加入し、第3の外国人扱いとなり序盤は二軍生活が続いた。ジェファーソンが8月末に退団し、フェルナンデスも怪我が多かったため、シーズン中盤に一軍に昇格すると勝負強さを発揮した。しかし、翌2001年アレックス・カブレラスコット・マクレーンのツイン・バズーカ砲の陰に隠れ、ついに一軍試合出場なしで終えてしまう。

二軍では打率が3割5分を超えるなど格の違いを見せつけ、2000年、2001年と2年連続イースタン・リーグ三冠王に輝いている(2000年:.353 21本 69打点、2001年:.352 27本 95打点)。特に、2001年に記録した27本塁打は1992年の大森剛と並んで当時のイースタン・リーグ最多タイ記録(2009年に中田翔が30本塁打で更新)、95打点は2010年現在でも最多記録(2009年に同じく中田が95打点で最多タイを記録)である。カブレラ等の影に隠れて一軍出場は少なく、不遇とも言える助っ人であった。

西武退団後[編集]

2002年韓国プロ野球現代ユニコーンズに入団し、イースタン・リーグ三冠王の実績により4番候補として期待されたが、平凡な成績しか残せずに同年限りで退団した。2003年メキシカンリーグでプレーし、2004年から2005年は、独立リーグのノーザンリーグの3チームでプレーした。その後、現役引退。

2011年からは、Lamigoモンキーズのコーチに就任。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1999 西武 59 201 183 25 47 4 0 12 87 29 3 1 0 1 15 0 2 54 4 .257 .318 .475 .794
2000 47 141 124 17 30 7 1 4 51 18 1 2 0 0 16 0 1 34 2 .242 .333 .411 .745
2002 現代 113 441 397 48 111 18 2 18 187 64 3 2 1 2 35 1 6 115 11 .280 .345 .471 .816
NPB:2年 106 342 307 42 77 11 1 16 138 47 4 3 0 1 31 0 3 88 6 .251 .325 .450 .774
KBO:1年 113 441 397 48 111 18 2 18 187 64 3 2 1 2 35 1 6 115 11 .280 .345 .471 .816

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 63 (1999年 - 2001年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]