コーリー・サンダース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
コリー・サンダース
基本情報
本名 コーネリアス・ヨハンネス・サンダース
通称 The Sniper(狙撃手)
階級 ヘビー級
国籍  南アフリカ共和国
誕生日 (1966-01-07) 1966年1月7日
出身地 ハウテン州ツワネ市都市圏プレトリア地区
死没日 (2012-09-23) 2012年9月23日(46歳没)
死没地 北西州ブリッツ英語版
スタイル サウスポー
プロボクシング戦績
総試合数 46
勝ち 42
KO勝ち 31
敗け 4
テンプレートを表示

コーリー・サンダースCorrie Sanders1966年1月7日 - 2012年9月23日)は、南アフリカ共和国の元プロボクサー。第13代WBO世界ヘビー級王者。

The Sniper(狙撃手)のニックネームの通り、一発の威力が凄まじいパンチ力を持つ。リスクを恐れず勇猛果敢に打ち合う対戦相手にとっては危険極まりないスタイルの持ち主で、その魅力的なボクシングスタイルゆえファンも多い。2003年3月8日に当時ヘビー級で圧倒的な強さを誇っていたウラジミール・クリチコをノックアウトして大番狂わせの世界チャンピオンとなったことで有名。

来歴[編集]

1989年4月2日、プロデビュー。

1997年11月15日、マイナータイトルながらWBU世界ヘビー級王座を獲得した。同タイトルは3度の防衛に成功した。

2000年5月20日、ハシーム・ラクマンと対戦したが7回KO負けで王座陥落。

2003年3月8日、WBO世界ヘビー級王者ウラジミール・クリチコと対戦。圧倒的不利を予想されたが、2回に強烈な左一発でTKO勝ちし、悲願の世界チャンピオンとなった[1]が、1度も防衛戦を行うことなくWBO王座を返上する。

2004年4月24日、レノックス・ルイスの王座返上に伴い空位となっていたWBC王座をウラジミールの兄ビタリ・クリチコWBC世界ヘビー級王座決定戦で対戦するも、8回TKO負けで敵打ちを許す形になり王座獲得に失敗した。その後、1戦をこなしたが、一時期は引退しプロゴルファーを目指し、約2年間リングを離れていた。

2006年11月24日、復帰第一線でコリン・ウィルソンを2回KO勝ち。

2008年2月2日、同国人のオズボーン・マチマナによもやの初回KO負け。その試合を最後に現役を引退した。

2012年9月22日、家族の誕生日を祝うために滞在していたプレトリア近郊ブリッツ英語版のレストランで強盗事件に遭遇し、手と腹部に銃撃を受け、翌23日に病院で死亡した[2]。46歳没。

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Corrie-Sanders.html Corrie Sanders デイリー・テレグラフ2012年10月5日
  2. ^ Former heavyweight champ Corrie Sanders killed in South Africa Fox News 2012年9月24日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
ウラジミール・クリチコ
WBO世界ヘビー級王者

2003年3月8日 - 2004年2月(返上)

空位
次タイトル獲得者
レイモン・ブリュースター