コーネリアス・ヴァンダービルト4世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

コーネリアス・ヴァンダービルト4世 (Cornelius Vanderbilt IV 1898年4月30日 - 1974年7月7日) はアメリカ合衆国の新聞出版者[1]

経歴[編集]

1898年4月30日、ニューヨーク州スタテンアイランドコーネリアス・ヴァンダービルト3世グレイス・グラハム・ウイルソンのもとに生まれた。

Harstrom's Tutoring School およびSt. Paul's School に進学後、第一次世界大戦中、入隊後大将ロールス・ロイスを運転できる者として救急隊の運転手に任命された。二等兵として戦後除隊された。1922年、新しい慈善団体のニューヨーク・チヴィタン・クラブに加入[2]第二次世界大戦少佐として再入隊[3]。その後新聞出版者となることを決意したことで両親は落胆。彼の両親は他者のプライバシーを侵害するイメージのある出版者を嫌悪していた。彼はニューヨーク・ヘラルドに入社し、後にニューヨーク・タイムズに転籍した。両親には彼の行動が時々奇異に映り、自由奔放と思われていた。

1920年代初頭、『Los Angeles Illustrated Daily News 』、『San Francisco Illustrated Daily Herald 』、『Miami Tab 』などいくつかの新聞やタブロイドを発行し始めた[3]。ジャーナリズムとしての水準の維持を主張したが、2年半しか続かなかった。ヴァンダービルト社は600万ドル近くの負債を抱え操業を停止。その後彼は『New York Daily Mirror 』の編集局次長となった。

彼の回想録『Farewell to Fifth Avenue 』の他、母の伝記『Queen of the Golden Age 』などいくつかの本を著した。

1919年、ニューヨークのソーシャライトの有力者であるレイチェル・リトルトンと結婚したが、1927年離婚。後にトランス・ワールド航空の創設者であるジャック・フライと結婚することとなるヘレン・ヴァーナーを含み6回以上結婚と離婚を繰り返した[4]

ネバダ州リノに邸宅を構え、世界情勢に関する執筆活動や講義を続けた。彼はイスラエルの独立による建国の強い支持者であった。

1974年7月7日、スタテンアイランドで亡くなった[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ [1]
  2. ^ “Civitans Organize Here” (PDF). The New York Times. (1922年6月16日). http://query.nytimes.com/mem/archive-free/pdf?_r=1&res=9A06E7DC1231EF33A25755C1A9609C946395D6CF 2009年1月21日閲覧。 
  3. ^ a b "Vanderbilt", TIME, Monday, May 10, 1926.
  4. ^ Sedona Legend Helen Frye
  5. ^ “Cornelius Vanderbilt Jr., Newsman, Author, Dead. Broke Family Tradition Became a Reporter. Very Difficult Time”. New York Times. (1974年7月8日). http://select.nytimes.com/gst/abstract.html?res=F10F16FC3F5B1A7493CAA9178CD85F408785F9 2011年5月28日閲覧. "Cornelius Vanderbilt Jr., author and former newspaperman, died here today at his home. He was 76 years old. Mr. Vanderbilt was married seven times. He is survived by his widow, Cornelius Vanderbilt Jr."