コード・カッティング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

コード・カッティングCord Cutting)とは、ケーブルテレビの契約を止めてインターネット経由の動画視聴を選択するという消費者の動向を示す言葉である[1][2]。2010年以降、主に北米でのTV業界や広告、家電、IT業界などを中心としたマーケティング分野などで用いられるようになった。"Cord Cutting"の"Cord"とはケーブルTVの信号線であるケーブルを指す。

北米地域でのケーブルTV(CATV) は、安価な基本料で見られる少数のチャンネルを除けば有料チャンネルが主体であり、また、各番組の放送時間も固定されているので録画機能付きチューナーを購入して正しく設定しなければ不在時の番組が見られないのに対して、Youtubeに代表されるようなインターネット上での動画[3]の多くが無料で提供され、視聴も随時行えるなど視聴者にとって利点が多かった。有料チャンネルを視聴するのもケーブルTVではなくインターネット経由のHuluネットフリックスで見たり、レンタルDVDをレンタル店で借りて来る代りにネットフリックスのようなネットオーダー式のDVDレンタルによって郵送で映画を見るようなスタイルが一般的になり、高速インターネット回線を導入済みの家庭ではケーブルTVの解約が進むのではないかという考えが広まりつつある[4]。 その一方で、ライターの松村太郎は週刊アスキーに連載していたコラムの2018年1月18日の記事の中で、「スポーツ番組など、動画配信サービスでは対応されていない番組を見るにはケーブルテレビの契約を復活させる必要がある」と、ストリーミングサービスの死角を指摘している[1]


脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 松村太郎 (2018年1月18日). “アメリカで進むCATVの“コードカット”とストリーミング、そしてラーメンの話”. 週刊アスキー. 2021年5月29日閲覧。
  2. ^ Amazon、映画製作MGM買収で合意間近と報道 約1兆円(写真=ロイター)” (日本語). 日本経済新聞 (2021年5月25日). 2021年5月29日閲覧。
  3. ^ ケーブルTV用のチューナーはリモコン信号の受信部を良好な位置にするためにTVセットの上に置かれることから「セットトップボックス」(Set top box; STB) と呼ばれ、インターネット上での動画はこの「トップ」を飛び越えて映像が再生されることから、米国などでは「"over-the-top" video」という表現が用いられている。
  4. ^ 消えるケーブルテレビ? 米国で進む「コード・カッティング」の実態”. 日本経済新聞社 (2011年2月17日). 2011年2月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月29日閲覧。

参考[編集]

関連項目[編集]