コート・ド・ブルイィ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

コート・ド・ブルイィ(Côte de Brouilly)は、フランス東部のローヌ=アルプ地域圏ローヌ県北部にある、ワイン産地である。ボジョレーに設けられている10の「クリュ・ボジョレー」の一つである。

1938年にAOCを取得し、カンシー・アン・ボジョレー村にあるブルイィ山(729m)の斜面にある4つの村が指定されている。ワインはすべてガメ種100%の赤ワインで、クリュ・ボジョレーのなかでは、ブルイィとともに最も南に位置するが、畑の標高が高いため、ワインはボジョレーのなかでは最も繊細で女性的といわれ、ブルーベリーやさくらんぼのアロマと、軽やかな味わいを持っている。


関連項目[編集]