コーチン王国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
コーチン王国
കൊച്ചി പെരുമ്പടപ്പ് സ്വരൂപം
チェーラ朝 12世紀 - 1947年 インド連邦 (ドミニオン)
コーチン王国の国旗
(国旗)
国歌: Om Namo Narayana
コーチン王国の位置
コーチン王国の版図
公用語 マラヤーラム語英語
首都 コーチン
ラージャ
1895年 - 1914年 ラーマ・ヴァルマ15世
1946年 - 1947年ケララ・ヴァルマ・タンプラン
変遷
成立 12世紀
インドへ合併1947年
通貨ルピー
現在インドの旗 インド

コーチン王国(コーチンおうこく、マラヤーラム語:കൊച്ചി പെരുമ്പടപ്പ് സ്വരൂപം、英語:Kingdom of Cochin)は、インドケーララ地方に存在したヒンドゥー王朝12世紀頃 - 1947年)。コーチン藩王国とも呼ばれる。

歴史[編集]

12世紀初頭、チェーラ朝が衰退した頃になって、コーチン王国の存在が歴史に現れてくるようになる。

1440年にはイタリアの旅行者ニコラオ・ダ・コンティがコーチンに滞在し、その旅行記に書き記している[1]

1500年ヴァスコ・ダ・ガマがこの地を訪れている。また、この年にポルトガル人の居留地が建設された[2][3]

1509年ディーウ沖の海戦の際には、コーチン王国の軍勢がポルトガル側で参戦している。

1773年以降、コーチン王国はマイソール王国に侵略され、1776年にはトリシュールも占領された。そのため、コーチン王国は多額の貢納の支払いを余儀なくされた。

1795年、イギリスがオランダからコーチンを占領し、1814年にはコーチンを割譲されたことにより[4]、コーチン王国はイギリス保護下の藩王国となった。

1947年8月15日、インド・パキスタン分離独立により、コーチン藩王国はインドに帰属し、その歴史を終えた。

脚注[編集]

  1. ^ Accounts of Nicolo de' Conti (ca.1395–1469)”. Niccolo di Conti. win.tue.nl. 2006年5月23日閲覧。
  2. ^ Kochi, India”. Encyclopædia Britannica. 2011年3月9日閲覧。
  3. ^ Early Voyages to the Far East”. University of Calgary. 2011年3月9日閲覧。
  4. ^ KP Padmanabha Menon. (1914). Kochi Rajyacharithram. 

関連項目[編集]