コンラート・メンヒ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Conrad Moench

コンラート・メンヒ(Conrad Moench、1744年8月15日 - 1805年1月6日)はドイツ薬学者植物学者である。"Methodus plantas horti botanici et agri Marburgensis"などの植物に関する書籍を執筆した。

略歴[編集]

カッセルに生まれた。薬学の教師として働き、1786年からマールブルク大学の植物学の教授となり、植物学の著作を行った。薬学の実験場を作り、教育と研究の中心施設を作り上げた。

1794年の著書の"Methodus plantas horti botanici et agri Marburgensis"は、マールブルク大学の薬草園やマールブルクの植物に関する書籍でいくつかの新種植物が記載され、ドイツの植物学者、ベルゲン(Karl August von Bergen)に因んで命名した属、Bergeniaヒマラヤユキノシタ属)やHelichrysumムギワラギク属)などが含まれる。メンヒは1777年の著書、"Enumeratio plantarum indigenarum Hassiae"ではリンネの分類法に従ったが、1794年の主著"Methodus plantas horti botanici..."では、ドイツの植物学者ヨハン・ゴットリープ・グレディッチュが始めた雄しべの配置に応じて分類する方法にしたがい、リンネの分類法の批判者の一人となった。

ナデシコ科の植物の属名、Moenchiaなどに献名されている。

著作[編集]

  • Beschreibung und chymische Untersuchungen des Dorf Geißmarischen Mineral-Brunnens. Kassel 1778
  • Supplementum Ad Methodum A Staminum Situ Describendi. Marburg 1802.
  • Arzneymittellehre der einfachen und zusammengesetzten gebräuchlichen Mittel. Marburg 1800.
  • Einleitung zur Pflanzen-Kunde. Marburg 1798.
  • Methodus plantas horti botanici et agri Marburgensis. Marburg 1794.
  • Systematische Lehre von denen gebräuchlichsten einfachen und zusammengesezten Arzney-Mitteln. Marburg 1792-95.
  • Verzeichniß ausländischer Bäume und Stauden des Lustschlosses Weissenstein bey Cassel. Fleischer, Frankfurt, Leipzig 1785.
  • Bemerkungen über einige einfache und zusammengesetzte Arzneymittel. Fleischer, Frankfurt 1781.
  • Enumeratio plantarum indigenarum Hassiae praesertim inferioris. Kassel 1777.

参考文献[編集]

  • Ernst Wunschmann (1885), “Moench, Konrad” (ドイツ語), Allgemeine Deutsche Biographie (ADB), 22, Leipzig: Duncker & Humblot, pp. 163–164 
  • Frans Antonie Stafleu: Conrad Moench: a rebel against Linnaeus. In: Taxon. Band 16, Nr. 1, 1967, S. 46–48, JSTOR.
  • Frans Antonie Stafleu: Linnaeus and the Linneans. In: Regnum Vegetabile. Band 79, 1971.
Moenchは、植物の学名命名者を示す場合にコンラート・メンヒを示すのに使われる。命名者略記を閲覧する/IPNIAuthor Detailsを検索する。)