コンラッド・ヴァーノン・モートン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

コンラッド・ヴァーノン・モートン(Conrad Vernon Morton、1905年10月24日 - 1972年7月29日)は、アメリカ合衆国植物学者である。スミソニアン研究所で働いた。

カリフォルニア州フレズノに生まれた。実父は建築会社のオーナーであったが、幼いころに実父は没した。1917年頃、母親は鉄道会社の社員と再婚し、継父の家にはバラ園があり、母親がバラの世話をし、モートンも自ら庭園を栽培をした。1924年からカリフォルニア大学バークレー校で学び、はじめ物理数学天文学スラヴ語などを学ぶが、後に、植物学、分類学藻類学菌学を学んで、卒業した。

植物学の講師をした後、スミソニアン研究所の植物学部門に移り、イワタバコ科ナス科の植物などの研究に従事した。1939年にアシスタント・キューレーターに任じられ、ジョージ・ワシントン大学で講義に出席するが博士号を取ることはなかった。博物館の各部門の学芸員職を務め、1970年に上級植物研究職("Senior Botanist")に任じられ、管理業務から解放された。アルゼンチンにも3年間滞在し、アルゼンチンのナス科の植物の研究を行ったが、1972年に急死した。モートンの研究はArmando Hunziker とLyman Smithによってまとめられ、1976年に出版された。

キョウチクトウ科のモルトニエラ属(Mortoniella)、シナノキ科の属名Mortoniodendron献名されている。

C.V.Mortonは、植物の学名命名者を示す場合にコンラッド・ヴァーノン・モートンを示すのに使われる。命名者略記を閲覧する/IPNIAuthor Detailsを検索する。)

著書[編集]

  • Studies of fern types (Smithsonian Institution Press, Washington, two volumes, 1967-1973).
  • A revision of the Argentine species of Solanum (Academia Nacional de Ciencias, Córdoba, Argentine, 1976).

参考文献[編集]

  • David B. Lellinger: Conrad Vernon Morton (1905–1972). In: American Fern Journal, Band 63, 1973. S. 49–60