コンベンション (TRPG)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
D&Dオンリーコンベンションの開会式

テーブルトークRPG(TRPG)における「コンベンション」とは、TRPGを遊ぶための場を設けたゲームイベントのことである。

概要[編集]

コンベンションは親睦や販促を目的としてTRPGを遊ぶ場所を用意し開催する。

歴史[編集]

有名なコンベンションであるGen Con(ジェンコン)は1967年、アメリカ、ゲイリー・ガイギャックスの自宅で個人主催として行われたことから始まった。この時点ではボードゲームとミニチュアゲームの会であった。世界最初のTRPGであるダンジョンズ&ドラゴンズが74年に発売され、イベントへの企業TSRの参入は76年に行われた。

現在、世界の代表的なコンベンションとして、アマチュア開催のコンベンションとして知られているものにはロペコン、企業開催のコンベンションとして知られているものにはジェンコンがある。

スタイル[編集]

コンベンションの開催スタイルには大きく3つある。

フリープレイ
主催者は会場を用意し、参加者同士で自由にゲームを楽しんでもらうもの。事前にゲームマスターを募集したり、主催者側で用意することもある。
テーマイベント
ある特定の目的に限定した内容のコンベンション。特定のゲームシステムのみに限定したものや、参加者を女性に限定したものなど。
企業主催
TRPGに関連した企業やゲームショップなど、非アマチュアが主催する。販売スペースやトークショーなどのイベントが行われることもある。ゲーム・フィールド主催の「ゲーマーズ・フィールドコンベンション」などがこれにあたる。

日程[編集]

コンベンションの多くは1日で終わる。中には少数ながら宿泊型も存在し、「TRPG文華祭」などはホテル等を借りて複数日開催される。

会場[編集]

コンベンションに使用される会場は、多くが公民館の会議場やホールといった施設使用料が安い公共施設だが、企業主催の場合は高額な会場を使用することもある。予算や予想される来場数、交通の便などを考慮して決定される。

準備[編集]

主催者の準備[編集]

  • 会場 - コンベンションを開催するための会場。事前に確保する。
  • 告知 - インターネット上での開催情報告知や、ゲームショップ店頭への開催チラシ配布、雑誌への情報掲載依頼など。
  • 机と椅子 - ゲームを遊ぶための机と椅子。まれに別料金が必要な場合がある。
  • パンフレット - 会場の諸注意、ゲームマスター紹介などが記載されたもの。
  • アンケート - コンベンションの感想や改善点を記入してもらう。
  • ゲームマスター - 完全にフリープレイの場合以外は、事前に募集するか主催者側で確保しておくことが望ましい。
  • ゴミ処理手段 - 主催者で誰がどう処理するか決めておくこと。

主催者・参加者が気をつけること[編集]

代表的なものは以下の通り。

  • 参加者は年齢・経験の有無・性別・どこから来たか・プレイスタイルなどに関係なく対等である。
  • 会場はそこの規約やルールに沿って使用すること。
  • 体調不良や病気、メンタル面の問題など心身の不調を感じるなら参加は控えること。無理は自身の悪化と他者への迷惑につながる。
  • コンベンションの会場での話題(現実に行うと犯罪になるものは特に注意)をそのまま会場外に持ち込まないこと。
  • 主催者は得た個人情報を適切に管理すること。

会場に対するコンベンションの理解[編集]

一部の公共施設では、コンベンションやTRPGのサークル活動に対しては会場使用を拒否する事態も生じている。この背景として、施設利用者のマナーの低下によるものや、施設管理者にTRPGの知識がないこと(サイコロを使うことからさいころ賭博を行っていると勘違いされるケースもある)、不特定多数の参加者が来ることを受け入れないことなどがあげられる。また、特定の施設においてコンベンションの開催が過度に集中し、地域の住民が施設を使用できないことによる苦情も挙げられる。さらに、非営利とはいえ参加者から参加費を徴収することを「営利行為」として認めなかったり、参加費を取る場合は会場利用料が上がる施設もある。

参考文献[編集]