コンフォラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Confolens
Blason de la ville de Confolens (Charente).svg
Confolens vue.JPG
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ヌーヴェル=アキテーヌ地域圏
(département) シャラント県
Blason département fr Charente.svg
(arrondissement) コンフォラン郡
小郡 (canton) 小郡庁所在地
INSEEコード 16106
郵便番号 16500
市長任期 ジャン=ノエル・デュプレ
2008年-2014年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes du Confolentais
人口動態
人口 2 676人
2011年
人口密度 141人/km2
住民の呼称 Confolentais
地理
座標 北緯46度00分52秒 東経0度40分24秒 / 北緯46.0144度 東経0.6733度 / 46.0144; 0.6733座標: 北緯46度00分52秒 東経0度40分24秒 / 北緯46.0144度 東経0.6733度 / 46.0144; 0.6733
標高 平均:m
最低:127 m
最高:222 m
面積 18.96km2
Confolensの位置(フランス内)
Confolens
Confolens
公式サイト www.mairieconfolens.com
テンプレートを表示

コンフォランConfolensオック語:Confolents)は、フランスヌーヴェル=アキテーヌ地域圏シャラント県コミューン

地理[編集]

ゴワール川に架かる橋

県北部にあるコンフォランは郡庁所在地であり、歴史的なシャラント・リムジーヌ地方の中心である。ヴィエンヌ川の両岸に広がるまちは、アングレームから65kmの距離にあり、リモージュからは55km離れている。

リモージュとアングレームにある各空港から車で40分の距離にある。アングレームとポワティエに通じるLGV大西洋線の駅から1時間の距離である。

中央高地西部、リムーザン高原にあるコンフォランは、ヘルシニア造山運動によって生じた結晶と変成岩とされる。その地質は花崗岩閃緑岩である。アンサック川とゴワール川の間にあるコミューンの最南端は、片麻岩石英の閃緑岩からなる[1] · [2] · [3]

ヴィエンヌ川とゴワール川の合流地点(Confluent)にまちがあるため、コンフォランという名が生まれた。

歴史[編集]

多くの巨石記念物の存在から、先史時代から人が定住していたとみられる。しかしコンフォランの存在が認識されるのは11世紀からである。

コンフォランは、アングレームからアルジャントンを経由してブールジュへ向かうローマ街道の途中、ヴィエンヌ川を渡河する場所にあった。18世紀に遺跡が続けて発見されて、旧橋(ポン=ヴィユー)の場所には古代の橋があったのではないかという仮説が生まれた。

コンフォランの集落はシャバネ領主によってつくられた。ヴィエンヌ川によって2つに分かれたこの集落は、両岸が異なる教区、東はリモージュ司教区、西はポワティエ司教区に属していた。1つの集落が2つの司教区に属するのは極めてまれである。それは国境の町の様相であった。

12世紀、強力な隣国であるラ・マルシュ伯、ポワトゥー伯から公国を守るため要塞がつくられた。12世紀から18世紀までのコンフォランは、サンテスプリ騎士団のコマンドリー(Commanderie)が置かれていた。

16世紀、シャバネ領主の支配から解放された。コンフォランのホールの建設は、塩を供給する海側からと、ワインを供給するアングレームとサントンジュ、皮革と木材を供給するリムーザンからのハブ地としての役割を肯定するものだった。

アンリ4世時代の1604年、男爵領はカウンティとして確立した。17世紀、3つの修道院がコンフォランの郊外に設置された。

1714年、コンフォランはリムーザン州からアングレーム州に移管された。

1887年、コンフォラン駅が開業した。1938年に旅客輸送は終了したが、1978年まで貨物輸送の路線が残っていた。線路は1979年に廃線となり、南部分をシャラント・リムーザン鉄道協会が使用している。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年
2 736 2 731 2 865 3 009 2 904 2 856 2 808

参照元:1968年以降Insee [4] · [5]

出身者[編集]

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Visualisateur Infoterre, site du BRGM
  2. ^ Carte du BRGM sous Géoportail
  3. ^ {{{1}}} (PDF) BRGM, « Notice de la feuille de Confolens », sur Infoterre,‎ (consulté le 3 novembre 2011)
  4. ^ « Évolution et structure de la population (de 1968 à 2007) », sur Insee (consulté le 28 juillet 2010)
  5. ^ « Recensement de la population au 1er janvier 2006 », sur Insee (consulté le 28 juillet 2010)