コントルタマツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
コントルタマツ
Pinus contorta
分類
: 植物界 Plantae
: 球果植物門 Pinophyta
: マツ綱 Pinopsida
: マツ目 Pinales
: マツ科 Pinaceae
: マツ属 Pinus
: コントルタマツ P. contorta
学名
Pinus contorta
和名
コントルタマツ、ロッジポールパイン
英名
Lodgepole pine, Shore pine, Twisted pine, Contorta pine

コントルタマツ(コントルタ松、学名: Pinus contorta)とは、マツ科マツ属の常緑高木。ロッジポールパイン(英:Lodgepole pine)とも。

特徴[編集]

  • 北米大陸西部の主に沿岸部に分布する常緑性のマツ。英語での名称は和名と同じコントルタパイン(Contorta pine)の他、ロッジポールパイン(Lodgepole pine:小屋柱の松)、ショアパイン(Shore pine:海岸線の松),ツイステッドパイン(Twisted pine:よじれ松)などがある。このうちロッジポールパインはネイティブアメリカンが小屋柱に用いていたことに由来する。学名のコントルタは「捻じれた」という意味で、ツイステッドパインもこれに由来する。
  • 本種の球果は、火事になると「烈開」と呼ばれる現象で、その硬い松かさを開いて種を地面に捲き散らすという自然現象を発生させる。そのため、本種のある森林で火災が起きた後には下に掲載したような実生がみられる。

分布・生育地[編集]

  • 北米西部原産

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]