コンディション・グリーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

コンディション・グリーンは、1971年に結成された沖縄県ハードロックバンドである。

「コンディション・グリーン」とは米軍用語で、5段階に区分された警戒レベルの下から2番目(デフコン4)を指す通称。具体的には軍関係者の基地外への外出や繁華街への立ち入りなどが禁止される。日本復帰前の沖縄では治安や綱紀、米軍に対する市民感情などが悪化した場合にしばしば発令されていた。 復帰後は台風接近時などに使われる事が多い。

ライブでは、サザンロックブルースオリジナル曲などを演奏した。また、メンバーが「人間タワー」を作っての演奏や、ステージ上で鶏や蛇を殺すなどの過激なパフォーマンスで、ベトナム戦争に赴く米兵達を震撼させた。中野サンプラザホールにて日本本土デビューを行い、国内外でも人気を博す。1979年にはアメリカディズニーランドでのライヴも成功させたが、アルバム2枚リリース後に解散。1983年に一時的再結成をし、ライブ・アルバム(2018年のイベントにてLPとして再発)をリリース。

また、メンバーのエディー、かっちゃんは、高嶺剛監督の映画『パラダイスビュー』『ウンタマギルー』や、TV特撮シリーズ『琉神マブヤー』に出演もしている。 バンド解散後、かっちゃんはソロとして沖縄県内を中心に活動。ピースフルラブ・ロックフェスティバル30年連続出演。解散後はバー「Jack Nasty's」を30年に渡り沖縄市で経営。2014年には、BEGIN比嘉栄昇プロデュースでソロアルバムをリリースした。 エディーは1980年代に潜水事故で死去。 さらに、アルバムについては、メンバーが著作権等に無頓着だったが為にバンドの預かり知らぬ所で勝手に復刻されたり、欧州海賊版が出たりしたため、2018年に正式ライセンスの元でCD復刻された。

メンバー[編集]

結成メンバー[編集]

第二次メンバー(2ndアルバムのメンバー)[編集]

ディスコグラフィ[編集]

  • 『LIFE OF CHANGE』(1977年)
  • 『MIXED-UP』 (1979年)

(2枚とも2018年6月リマスタリングの上、ボーナス・トラック付き再発。)

外部リンク[編集]