コンテッサ・ネッテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

コンテッサ・ネッテルContessa-Nettel AG )はドイツにかつて存在したカメラメーカー。

歴史[編集]

  • 1901年 - 3色版等を作る小さい工場をシュトゥットガルトで経営していたマックス・ケルナーMax Körner )が趣味で製造していたカメラ「ネッテル」で特許を取った[1]
  • 1902年 - マックス・ケルナーがビジネスマンのローベルト・マイヤーRobert Mayer )と知り合いハイルブロン南ドイツカメラ製作所Suddeutsches Camerawerk Körner & Mayer GmbH )を設立した[1]
  • 1908年 - 南ドイツカメラ製作所ネッテル・カメラ工業Nettel Camera Werk )と改称[2]
  • 1908年 - カール・ドレクスラーKarl Drexler )とアウグスト・ナーゲルAugust Nagel )によってシュトゥットガルトドレクスラー・ナーゲルDrexler und Nagel )が設立される[2]
  • 1919年 - ドレクスラー・ナーゲルコンテッサ工業・アウグスト・ナーゲルContessa Werk August Nagel )と改称。
  • 1919年 - ネッテル・カメラ工業コンテッサ工業・アウグスト・ナーゲルが合併、コンテッサ・ネッテル・ナーゲルと改称する。
  • 1920年 - コンテッサ・ネッテルContessa-Nettel AG )と改称する。
  • 1926年 - ツァイス・イコン設立時の母体の一つとなった。

製品一覧[編集]

乾板使用カメラ[編集]

  • アドロAdoro ) - ネッテル・カメラ工業の製品で木製フォールディングカメラ。9×12cm(大手札)判写真乾板
  • アルグスArgus1909年発売[2]) - 単眼鏡の形状をしている秘密カメラ。原型はフランスのブロック・ゴーモンが製造したフィジオグラフ。日本には1921年頃三宅克己により紹介された[4]。レンズはテッサー50mm。シャッターはギロチン式で1/25、1/50、1/100秒程度の3速[4]。ファインダーはミラー式。
  • デクルロー・ネッテルDeckrollo[注釈 1][1] Nettel1910年頃発売[5]) - 元々ネッテル・カメラ工業の製品でコンテッサ・ネッテルになっても製造されたクラップカメラ。立体写真を撮影できる「ステレオ」もある。6.5×9cm(大名刺)判[5]、8×10.5cm(手札)判[5]、13×18cm(キャビネ)判[5]写真乾板、フィルムパック、ロールフィルムが使用できる。フォーカルプレーンシャッターで、最高速1/2500秒は当時この機種だけであった[5]
    • デクルロー・ネッテル・トロピカルDeckrollo Nettel Tropical ) - チーク材と革とニッケルメッキされた真鍮で作られたトロピカル仕様。
  • エルゴErgo 、1923年頃[6]または1924年[3]発売) - 単眼鏡の形状をしている秘密カメラで、アルグスの後継改良型[3][4]。撮影レンズは普段隠されており、しかも横を向いており、シャッターを切った時だけ扉が開く。4.5×6cm(アトム)判乾板。レンズは距離調節が可能になり、絞りも装備された。シャッターはバリオ式のレンズシャッターで、1/25、1/50、1/100秒に加えT、Bが可能になった[4]。ファインダーはプリズム式になった[4]。同様のカメラとしては曽根春翠堂セクレット[3][4][7]、イギリス製のスポーツマン[4]がある。ツァイス・イコンになってもしばらく引き続き製造された[4]
  • ネッカーNeckar ) - ネッテル・カメラ工業の製品で9×12cm判と10×15cm判のバージョンがあり写真乾板またはフィルムパックを使用する。

116フィルム使用カメラ[編集]

  • コカレッテCocarette ) - 金属製フォールディングカメラ。6.5×11cm判。120フィルムを使用するバリエーションがある。ツァイス・イコンになっても1933年まで製造が続けられた。

120フィルム使用カメラ[編集]

  • コカレッテCocarette ) - 金属製フォールディングカメラ。6×9cm判。116フィルムを使用するバリエーションがある。ツァイス・イコンになっても1933年まで製造が続けられた。

127フィルム使用カメラ[編集]

  • ピコレットPiccolette1915年発売) - ヴェスト・ポケット・コダックの類似商品。4×6.5cm判。枠ファインダー、三脚穴、レリーズ穴を標準装備している。レンズは単玉からテッサーまで色々なバリエーションがあり、シャッターもクリオ、デルバル、テルマ、コンパーがある。単玉付きはヴェスト・ポケット・コダックの単玉付きより安価で「ピコ単」と呼ばれたが、本家程の人気は出なかった[8]ツァイス・イコンになってもしばらく引き続き製造された。
  • ルックス・ピコレットLux Piccolette ) - ピコレットの高級版でトロピカル仕様。レンズはテッサー、シャッターはデッケル製コンパー[3]

注釈[編集]

  1. ^ 当時の広告でのスペルはDeckrollo

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『ツァイス・イコン物語』p.77。
  2. ^ a b c 『ツァイス・イコン物語』p.78。
  3. ^ a b c d e 『クラシックカメラ専科』p.97。
  4. ^ a b c d e f g h 『現代カメラ新書No.3、世界の珍品カメラ』p.40。
  5. ^ a b c d e 『クラシックカメラ専科』p.105。
  6. ^ 『現代カメラ新書No.3、世界の珍品カメラ』p.41。
  7. ^ 『現代カメラ新書No.3、世界の珍品カメラ』p.42。
  8. ^ 『クラシックカメラ専科』p.96、p.104。

参考文献[編集]