コンテスタビリティ理論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

コンテスタビリティ理論: contestability theory)とは、規制改革の一つの理論的支柱である。多額の初期投資を要する産業において、初期投資を要する資本について、適性な価格において既存業界から新規参入業界が貸借できる環境が整備されることで、価格競争を起こさせて、競争的な市場となり、社会の余剰が最大化されるという理論。

価格競争の留意点[編集]

適正な価格で既存業界から新規参入業界へ貸与できる環境整備 (既存業界としては、貸借料を釣り上げることで、実質的に新規参入障壁を築くことが可能となる。) このために、行政府が適性な価格付けをできる必要があるため、法整備が必要となる。

実例[編集]

イギリス[編集]

  • 鉄道

日本[編集]