整地ローラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
コンダラから転送)
移動先: 案内検索
手動式整地ローラー

整地ローラー(せいちローラー)は、グラウンド整備などに使う、手動式のローラーで、整地用ローラー、手動式整地用圧延機、転圧ローラー、グラウンドローラー、コートローラーなどとも称され、俗称として「コンダラ」とも呼ばれる。

概要[編集]

鋼板またはステンレス板で作られた円筒にコンクリートなどの重りを充填した本体と、鉄パイプ等のハンドルから構成される。オプションでローラーについた泥をかき取る板(泥取器)をつけることもできるものもある。実際は完全完成品ではなく筒内が空洞で販売されており、使用者が現地にて重りを詰めることで所定の重量にして使用する。サイズや重りのタイプ(コンクリート・砂・水)によりさまざまな種類があるが、最も一般的なコンクリートを詰めるタイプの場合、完成重量は350kgまたは500kgである。
製造メーカーとしてはエバニュー・トーエイライト・東洋体機・カネヤ・三和体育製販など、他の学校用体育器具も製造しているメーカーがほとんどである。
グラウンドの日々の利用者自ら、たとえば生徒たちが校庭を整備するために、同じく整地用具のトンボ等と一緒に用いることが多い。
ちなみに、押して使うのが正しい使用法である。特にリヤカーのようにハンドルの枠内に入って牽引すると、危ないと感じた際に横に逃れることも困難で、使用者が轢かれてしまう危険がある[1]

(上の写真でも、ハンドルがローラー側に歪んでおり、押した跡が見て取れる)

俗称「コンダラ」[編集]

コンダラは、整地ローラーを意味する日本俗語

語源[編集]

“コンダラ”こと、手動式整地ローラーの使用方法の誤ったイメージ。前述の通り、轢かれないように押して使うべきである

語源は、1968年(昭和43年)に放映が始まったテレビアニメ巨人の星』のオープニング主題歌「ゆけゆけ飛雄馬」の最初のフレーズ、「思い込んだら 試練の道を」の「込んだら」でありこのコンダラの語源の初出は、1970年代ごろ関西毎日放送ラジオMBSヤングタウン」において、パーソナリティの谷村新司が聴取者に思い込みのエピソードを募集したところ、この「重いコンダラ」のエピソードが紹介されたことにある。応募者は「巨人の星」の主題歌の一節に出てくる「思いこんだら試練の道を~」の中の「思い込んだら」を、グラウンド整備に使ったローラーのことだと思い込み、歌詞はずっと「重いコンダラ」だと思っていた。あまりにもこの思い込みエピソードが谷村たちパーソナリティに受けたため、その後は「思い込んだら(重いコンダラ)のコーナー」として定着したほどである。[要出典]

都市伝説では「オープニングの『思い込んだら』の箇所で主人公の星飛雄馬が整地ローラーを引いていた」とされる場合もあるが[2][3]、実際に放映されたオープニングアニメーションでは整地ローラーは一切登場せず、星一徹・飛雄馬親子が雪の中でランニングをしているだけで、歌詞テロップでも「思いこんだら」と書かれている[4]。その一方で、第12話「鬼の応援団長 伴宙太」の劇中に整地ローラーが登場した際のBGMは「ゆけゆけ飛雄馬」であった。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]