コンスタン・トロワイヨン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
コンスタン・トロワイヨン
Constant Troyon
Constant Troyon 1865.jpg
肖像写真(1860年頃)
生誕 (1810-08-28) 1810年8月28日
Flag of France (1794–1958).svg フランス帝国 オー=ド=セーヌ県セーヴル
死没 (1865-02-21) 1865年2月21日(54歳没)
フランスの旗 フランス帝国 パリ
墓地 フランスの旗 フランス パリモンマルトル墓地
国籍 フランスの旗 フランス
著名な実績 絵画(特に動物画)
流派 バルビゾン派
受賞 レジオンドヌール勲章

コンスタン・トロワイヨンConstant Troyon, 1810年8月28日 - 1865年2月21日)は、フランスバルビゾン派の画家。

生涯[編集]

1810年、パリ近郊のセーヴルで生まれた。父ジャン・マリー・ドミニク・トロワイヨン(Jean-Marie-Dominique Troyon)は、磁器の絵付師であった。磁器の絵付師として修行を積み、20歳頃まで働いた。21歳になる頃、画家としてフランス国内を旅行し、主に風景画を描いた。8歳年上の画家カミーユ・ロクプランから絵を教わった。1833年、若くしてサロン・ド・パリに入選した。

ロクプランからテオドール・ルソージュール・デュプレ英語版、その他のバルビゾン派の画家たちを紹介された。1840年から1847年にかけての彼の作品には、その影響が見られる。しかし、風景画家としてはなかなか大成できなかった[1]

1846年、トロワイヨンはオランダに旅行し、ハーグパウルス・ポッテルの『若い牛英語版』を見た。彼は、この作品のほか、アルベルト・カイプの風景画、レンブラント・ファン・レインの名作などを研究するうちに、新たな制作手法に達し、これ以後、彼ならではの個性的な作品が現れるようになる。動物画家としての力量を高め、彼の名声は大陸のみならずイギリスアメリカ合衆国にも及んだ[1]

1849年のサロン・ド・パリに入選した後、レジオンドヌール勲章を受章した。ナポレオン3世がパトロンとなり、サロンで5回メダルを受章している[1]

1865年、パリで亡くなった。結婚はしていない。パリモンマルトル墓地に埋葬された[1]

作品[編集]

トロワイヨンの主要な作品は、1850年から1864年にかけてのものであり、初期の作品はこれに比べて評価が低い[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e Encyclopædia Britannica.

参考文献[編集]