コンスタンディノス・ツァルダリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

コンスタンディノス・ツァルダリスギリシア語: Κωνσταντίνος Τσαλδάρης1884年 - 1970年)は、ギリシア政治家である。同国首相を2期務めた。

エジプトアレクサンドリアにて出生。ベルリンロンドンフィレンツェ、及びアテネ大学で法学を学んだ。1915年から1917年まで県の政治家を務めた。

1926年、彼はイオアニス・メタクサスの「自由思想者党 (Kόμμα των Ελευθεροφρόνων)」から、アルゴリドコリンシア県(現在はアルゴリスコリンシアに分裂)の議員として初当選した。1928年、彼はおじのパナギス・ツァルダリスが党首を務める人民党の党員となった。彼は1933年から1935年まで運輸大臣として第2次パナギス・ツァルダリス政権に入り、続いて首相のUnder-Secretaryを務めた。1936年のパナギス・ツァルダリス死亡後、彼は人民党の管理委員会の委員となったが、間もなく同委員会はメタクサス独裁下で解体した。

1944年の国家解放後、彼は生まれ変わった人民党の指導者として認められ、右派の「連合愛国党」連合の指導者として、物議を醸した1946年の選挙を制し、1946年4月から1947年1月までギリシア首相を務めた。1946年8月、彼の政府は君主制復活の是非を問う国民投票を実施した。

彼は1947年から1949年にかけて、国連総会のギリシア代表団長として活動した。また、ディミトリオス・マクシモス(1947年)、セミストクリス・ソフーリス(1947年 - 1949年)、アレクサンドロス・ディオミディス(1949年 - 1950年)の各政権の副首相を務めた。1947年8月に再び首相となり、同年9月まで務めた。

アレクサンドロス・パパゴス元帥のギリシア示威運動の創設及び台頭により、人民党は選挙基盤の大部分を失い、ツァルダリスは1952年の選挙で敗北した。彼は1956年の選挙で民主連盟の一員として当選するが、人民党連盟の領袖として臨んだ1958年の選挙では落選した。その後間もなく、彼は政治家人生を終えた。1970年アテネで死去した。

公職
先代:
パナギオティス・プリツァス
ギリシャの首相
1946年
次代:
ディミトリオス・マクシモス
先代:
ディミトリオス・マクシモス
ギリシャの首相
1947年
次代:
セミストクリス・ソフーリス