コンスタンツェ・フォン・エスターライヒ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
コンスタンツェ・フォン・エスターライヒ
Constanze von Österreich
ポーランド王妃
Joseph Heintz d. Ä. 004.jpg
在位 1605年 - 1631年

出生 1588年12月24日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
シュタイアーマルク公国グラーツ
死去 (1631-07-10) 1631年7月10日(42歳没)
Chorągiew królewska króla Zygmunta III Wazy.svg ポーランド・リトアニア共和国ワルシャワ
埋葬 Chorągiew królewska króla Zygmunta III Wazy.svg ポーランド・リトアニア共和国クラクフ、ヴァヴェル城
配偶者 ポーランドジグムント3世ヴァーサ
子女 一覧参照
家名 ハプスブルク家
父親 オーストリア大公カール2世
母親 マリア・アンナ・フォン・バイエルン
テンプレートを表示

コンスタンツェ・レナーテ・フォン・エスターライヒ(Constanze Renate von Österreich, 1588年12月24日 - 1631年7月10日)は、ポーランドジグムント3世ヴァーサの2度目の妃(ジグムント3世はスウェーデン王でもあったが、コンスタンツェとの再婚時には廃位されていた)。ポーランド語名はKonstancja AustriaczkaまたはKonctancja Rakuszanka。

生涯[編集]

オーストリア大公カール2世神聖ローマ皇帝マクシミリアン2世の弟)と妃マリア・アンナ・フォン・バイエルンの娘として生まれた。兄に皇帝フェルディナント2世、オーストリア大公レオポルト5世、姉にジグムント3世の先妻アンナスペイン王妃マルガレーテがいる。

姉アンナが若くして亡くなると、ジグムント3世の後添えとして1605年12月に結婚した。コンスタンツェは優れた政治家で、国内の重要な貴族と自分の侍女らの縁組を推進し、味方に取り込んだ。また非常に信心深く、毎日2度ミサに出席した。コンスタンツェは夫の愛妾であるウルシュラ・マイェリンを相談相手として重用していた。彼女は画家建築家パトロンだった。

子女[編集]