コンスタンツィエ・ウヘルスカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
コンスタンツィエ・ウヘルスカー
Konstancie Uherská
ボヘミア王妃
Predklasteri-klaster Porta Coeli-relief-Konstancie Uherska.jpeg
在位 1199年 - 1230年

出生 1181年
ハンガリー王国の旗 ハンガリー王国エステルゴム
死去 1240年12月6日
Flag of Bohemia.svg ボヘミア王国モラヴィア、プジェドクラーシュテジー、ティシュノフ
配偶者 ボヘミアオタカル1世
子女 ヴラディスラフ
ユディタ
アンナ
ヴァーツラフ1世
ヴラディスラフ
プシェミスル
アネシュカ
ヴィレミーナ
アネシュカ
家名 アールパード家
父親 ハンガリーベーラ3世
母親 アニェス・ド・シャティヨン
テンプレートを表示

コンスタンツィエ・ウヘルスカーチェコ語Konstancie Uherská, 1181年頃 - 1240年12月6日)は、ボヘミアオタカル1世の2度目の王妃。

生涯[編集]

ハンガリーベーラ3世と2度目の王妃アンナ(フランス名アニェス・ド・シャティヨン)の次女として生まれた。ハンガリー語名はコンスタンツィア(Konstancia)。

1199年、オタカル1世は最初の王妃アーデルハイト・フォン・マイセン近親婚を理由に離縁し、同年のうちにコンスタンツィエと再婚した。コンスタンツィエはオタカル1世とともに、教会に数多くの寄進を行った。2人の間には9子が生まれた。

1230年にオタカルと死別後、1232年に修道院を創設して修道女となった。