コンスタンチン・バリモント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

コンスタンティン・ディミトリエヴィチ・バリモントКонстантин Дмитриевич Бальмонт, 1867年6月15日1942年12月24日)はロシア象徴主義詩人翻訳家。「銀の時代」を代表する文人の一人である。

生涯[編集]

ヴラディーミル貴族の家庭に生れる。1886年モスクワ大学に入学するが、翌年に除籍される。1890年代の末に詩作に入り、1905年にいくつかの詩集を出版して文学者として名を揚げる。同年の末に非合法にロシアを脱してパリに行き、精力的に旅行を行い、1916年になってやっとモスクワに戻った。2月革命を熱狂的に支持したものの、10月革命には反対し、ロシアを去ってドイツに行く。のち1920年フランス亡命するが、晩年の20年を貧困のうちに過ごした。1942年の暮れにパリ郊外のノワジ=ル=グランにて肺炎により死去。翌年に他界した妻と共に同地の墓地に埋葬されている。

バリモントの詩および訳詞にはさまざまな作曲家が曲付けを試みており、タネーエフプロコフィエフらのものが知られているが、中でもイーゴリ・ストラヴィンスキーの《バリモントの2つの詩》とカンタータ《星の王》、エドガー・アラン・ポーのバリモント訳を用いたラフマニノフの合唱交響曲《》はとりわけ名高い。

作品[編集]

詩集[編集]

1890 — 1917
1920 — 1937
  • «Перстень» (М., 1920)
  • «Семь поэм» (М., «Задруга», 1920)
  • «Избранные стихотворения» (Нью-Йорк, 1920)
  • «Солнечная пряжа. Изборник» (1890—1918) (М., изд. Сабашниковых, 1921)
  • «Гамаюн» (Стокгольм, «Северные огни», 1921)
  • «Дар земли» (Париж, «Рус. земля», 1921)
  • «Светлый час» (Париж, 1921)
  • «Песня рабочего молота» (М., 1922)
  • «Марево» (Париж, 1922)
  • «Под новым серпом» (Берлин, «Слово», 1923)
  • «Моё — ей (Россия)» (Прага, «Пламя», 1924)
  • «В раздвинутой дали (Поэма о России)» (Белград, 1929)
  • «Соучастие душ» (1930)
  • «Северное сияние (Стихи о Литве и Руси)» (Париж, 1931)
  • Голубая подкова (Стихи о Сибири) (1937)
  • «Светослужение» (Харбин, 1937)

随筆[編集]

  • «Горные вершины» (М., 1904; книга первая)
  • «Зовы древности. Гимны, песни и замыслы древних» (Пб., 1908, Берлин, 1923)
  • «Змеиные цветы» («Путевые письма из Мексики», М.,Скорпион, 1910)
  • «Морское свечение» (1910)
  • «Зарево зорь» (1912)
  • "Край Озириса". Египетские очерки. (М., 1914. - 324 с.)
  • "Поэзия как волшебство". (М., Скорпион, 1915)
  • «Светозвук в природе и световая симфония Скрябина» (1917)
  • "Где мой дом?" (Париж, 1924)

外部リンク[編集]


引用エラー: 「~」という名前のグループの <ref> タグがありますが、対応する <references group="~"/> タグが見つからない、または閉じる </ref> タグがありません