コロンビア映画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

コロンビア映画(コロムビア・ピクチャーズ・インダストリーズ、Columbia Pictures Industries Inc.)は、アメリカ映画スタジオの一つ。映画会社。「コロビア映画」と表記することもある。

概要[編集]

設立[編集]

ソニー・ピクチャーズ・エンターテイメント正面入口

ユニヴァーサル社の社員だったジョー・ブラントとコーン兄弟(ジャック・コーンとハリー・コーン)が1920年に設立したCBC Film Sales Corporationが前身で、1924年に社名を「コロンビア」とする。

1982年には、アメリカの飲料大手のコカ・コーラに買収され、翌1983年には、新しい製作部門「トライスター・ピクチャーズ」を設立した。

ソニー傘下へ[編集]

1989年には日本の家電大手のソニーが、豊富なコンテンツを入手することを目的に48億ドルで買収したが、当時の日本のバブル景気を背景にした「外国資産の買いあさり」と日米経済摩擦の時期と重なったため、この買収を巡りアメリカ国内で激しいジャパンバッシング(日本叩き)が起きた。

買収当初はヒット作に乏しく、巨額の赤字を計上したためにソニーによる買収が失敗だと評されたが、1990年代後半からエンターテインメント大作のヒットを複数出すなど復調傾向を見せ、近年ではシリーズ物を中心にアメリカ市場で常に上位のシェアを占めている(因みに2006年度のアメリカ国内の興行成績は、ソニーが18.6%のシェアを確保して第1位)。

現在は、ソニーの在アメリカ子会社であるソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント(SPE)の一部である。最高責任者は、SPE共同会長兼コロンビア・トライスター・モーション・ピクチャー・グループ会長のエイミー・パスカル

主な映画[編集]

1930年代[編集]

1940年代[編集]

1950年代[編集]

1960年代[編集]

1970年代[編集]

1980年代[編集]

1990年代[編集]

2000年〜[編集]

オープニングロゴ[編集]

  • コロンビアはトーチを翳す女性。自由の女神に似ているが「コロムビアレディ」と称される別人。[1]星条旗に身を包まれた彼女は米国の擬人化とされている。
  • トライスターはユニコーン

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ コロンビア・ピクチャーズの歩み