コロンビアーナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
コロンビアーナ
Colombiana
監督 オリヴィエ・メガトン
脚本 リュック・ベッソン
ロバート・マーク・ケイメン
製作 リュック・ベッソン
アリエル・ゼトゥン
出演者 ゾーイ・サルダナ
マイケル・ヴァルタン
クリフ・カーティス
レニー・ジェームズ
カラム・ブルー
ジョルディ・モリャ
音楽 ナサニエル・メカリー
撮影 ロマン・ラクールバ
編集 カミーユ・ドゥラマーレ
製作会社 Stage 6 Films
ヨーロッパ・コープ
Canal+
配給 フランスの旗 ヨーロッパ・コープ
アメリカ合衆国の旗 トライスター・ピクチャーズ
日本の旗 ショウゲート
公開 フランスの旗 2011年7月27日
アメリカ合衆国の旗 2011年8月26日
日本の旗 2012年9月1日
上映時間 108分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
フランスの旗 フランス
言語 英語
スペイン語
製作費 $40,000,000[2][3]
興行収入 $60,965,854[3]
テンプレートを表示

コロンビアーナ』(Colombiana)は、リュック・ベッソン製作・脚本、オリヴィエ・メガトン監督、ゾーイ・サルダナ主演による2011年フランスアメリカ合衆国アクション映画である[4]

ストーリー[編集]

1992年、コロンビアボゴタ。マフィアの幹部である父と母とともに幸せに暮らしていたカトレアはある日突然、マフィアの大物ドン・ルイスに指示されたマルコらに家族が惨殺される。迫り来るマルコの掌をナイフで刺して逃亡。父の遺言通り、アメリカ大使館に情報を売って渡米。

空港から逃亡してシカゴに住む叔父エミリオの家に身を寄せる。すぐに殺し屋になりたいと言って学校を拒否するが、エミリオはまず教育が必要だと学校を選ばせる。

15年後、美しく成長したカトレアは残忍な殺し屋になった。現場に必ず残すコロンビアを意味するカトレアの花は復讐相手をおびき出すためのものだった。エミリオは危険だと忠告する。

カトレアはジェニファーという偽名で画家のダニーと恋人として付き合っていた。ダニーは彼女の素性を何も知らないと友人に悩みを打ち明けるので、友人が親切からダニーが携帯電話で撮ったカトレアの寝姿の写真を警察で働く義姉に送る。

そのことを発端に警察に正体が分かり、携帯電話を逆探知されSWATに囲まれる。危機一髪で逃げ切ったカトレアはエミリオの家に帰るとエミリオ夫妻は殺されていた。

失うものは何もなくなったカトレアは彼女の起こした連続殺人事件を追っているFBI捜査官ロスの家に行き、23人殺した理由は復讐のためといい、協力をしないとロスの家族を殺すと脅し、彼のつてでCIAから情報を得てついにルイスのアジトの所在地を知る。

カトレアはルイスのアジトを急襲、マルコを仕留めるがルイスは彼女が乗ってきたバンで逃走し…。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

製作[編集]

撮影は2010年8月20日より始まり、シカゴニューオーリンズ(ヌーベルオルレアン)、メキシコなどで行われた[5]。製作はリュック・ベッソンの会社であるヨーロッパ・コープが行い、脚本はベッソンとロバート・マーク・ケイメンが執筆した[6][7]

評価[編集]

批評家の反応[編集]

Rotten Tomatoesでは90件のレビューで支持率は27%となった[8]

興行収入[編集]

北アメリカでは公開初週末3日間で1040万8176ドルを売り上げ、公開3週目となる『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』(1453万6118ドル)に次いで初登場2位となった[9]

参考文献[編集]

  1. ^ Colombiana (15)”. British Board of Film Classification (2011年8月31日). 2011年9月1日閲覧。
  2. ^ "EuropaCorp sets 'Colombiana'". Variety. Retrieved 26 August 2011.
  3. ^ a b Colombiana (2011)”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2011年9月1日閲覧。
  4. ^ Mintzer, Jordan (2011年7月26日). “Colombiana: Film Review”. Hollywood Reporter. 2011年8月19日閲覧。
  5. ^ "Louisiana Productions as of August 2010". Retrieved 24 May 2011.
  6. ^ "Michael Vartan Joins Zoe Saldana in Colombiana". ComingSoon.net. Retrieved 24 May 2011.
  7. ^ "Zoe Saldana Wants Revenge in Colombiana". Cinematical.com. Retrieved 24 May 2011.
  8. ^ Colombiana”. Rotten Tomatoes. 2012年10月2日閲覧。
  9. ^ Weekend Box Office Results for August 26–28, 2011 – Box Office Mojo”. Box Office Mojo. IMDB.com. 2011年9月1日閲覧。

外部リンク[編集]