コロッケパン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
パン > 調理パン > コロッケパン
コロッケパンとカレーパン

コロッケパンとは、パンの間にコロッケを挟んだ調理パンのこと。

使用されるパンは、食パンバンズコッペパンなど各種ある。中身も各種あるが、一般的にはウスターソースをつけたポテトコロッケを使用し、添え物にキャベツの千切りが入っていることが多い。ウスターソースに加えてマヨネーズも使用されることがある。

歴史[編集]

コロッケパンを考案した店、製パン業者がいずれであるのか、確認できるような文献、記録は発見されていない[1]

東銀座の精肉店「チョウシ屋」(1927年昭和2年)創業)は、肉屋としてコロッケを初めて売りに出したとされるが[2]、コロッケの販売と同時にコロッケパンも販売している[3]。チョウシ屋のコロッケパンはコッペパンのものと食パン2枚でコロッケを挟んだものとがある[3]


みしまコロッケパン[編集]

日本の静岡県三島市ジャガイモ(メークイン)の「三島馬鈴薯」が特産品である。2007年に市民は農作物関係者で結成された「みしまコロッケの会」の活動によって、「みしまコロッケ」は有名になった。三島市内の製パン会社グルッペ・石渡食品は、そのみしまコロッケを用いて「みしまコロッケパン」を製作。みしまコロッケパンは第3回(2012年)日本全国ご当地パン祭りで1位を獲得し、人気商品となっている[4]

ブローチェ・クロケット[編集]

ブローチェ・クロケットの例
マック・クロケット

ブローチェ・クロケットオランダ語: Broodje Kroket)は、オランダ料理の一種で、クロケットパンカイザーロール)に挟んだサンドイッチ[5]

オランダベルギーキュラソー島マクドナルドではマック・クロケットオランダ語版として、クロケットとディジョンマスタードソースとのバーガーを販売している。オランダではマクドナルドが出店したときから既にマック・クロケットが提供されており、一時期メニューから消えていたが、1999年に再導入され以降は販売が続いている。


関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ 簗瀬久 『おいしいコロッケ大百科: 中食コロッケの秘密』 アイフォレスト出版2008年、144頁。ISBN 9784990437206
  2. ^ 菊地武顕 『あのメニューが生まれた店』 平凡社〈コロナ・ブックス 186〉、2013年、124-127頁。ISBN 9784582634860
  3. ^ a b 『東京食本vol.1』 ぴあ2017年、60頁。
  4. ^ なぜ三島でコロッケパン!? 松丸アナがご当地商品の人気の秘密を探る”. 日経トレンディネット (2015年10月6日). 2017年12月26日閲覧。
  5. ^ 佐藤政人 『世界のサンドイッチ図鑑:意外な組み合わせが楽しいご当地レシピ355』 誠文堂新光社2017年、40頁。ISBN 978-4416616475