コリーネ・ロッツヘーファ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
コリーネ・ロッツヘーファ
Corine Rottschäfer
Aankomst van Corine Rottschäfer (miss World 1959) op Schiphol, Bestanddeelnr 910-8184.jpg
1959年
プロフィール
生年月日 1938年5月8日
没年月日 2020年9月24日
没年齢 82歳(数え83)
瞳の色 ブルー
毛髪の色 ハニーブロンド[1]
公称サイズ(1959時点)
身長 / 体重 cm / kg
スリーサイズ 94 - 56 - 94 cm
活動
備考 ミス・ワールド1959
他の活動 モデルエージェンシー経営
モデル: テンプレート - カテゴリ

コリーネ・ロッツヘーファ(Corine Spier-Rottschäfer, 1938年5月8日 - 2020年9月24日)は、オランダモデル1959年ミス・ワールド優勝(オランダ代表として初)[2]

2012年プエルト・リコを代表してミス・ユニバースに出場したBodine Koehlerは、姪である[3]

経歴[編集]

25 April 1962

1938年5月8日北ホラント州ホールンに生まれる[4]

1957年Miss Holland 1957に選ばれる。数週間後(6月26日)、Miss Europeに選ばれる(オランダ代表として初)[5]。このとき、イングランド代表として出場したSonia Hamiltonは、ミス・ユニバース1957で3位入賞。また、フィンランド代表のマリタ・リンダールは1957年11月、ミス・ワールド1957に選ばれる。Miss Europeとしての任務を果たすため、コリーネ自身はミス・ユニバース1957に参加できなかった。ミス・ユニバースのプログラムブックにはオランダ代表として彼女の名がある[5]

1958年7月26日カリフォルニア州ロングビーチで開催されたミス・ユニバースに出場、Top15に残り、ミス・フォトジェニックを受賞。一説に、ミス・ユニバースのプログラムブックに2回掲載された唯一の人物[5]

1959年ミス・ワールド1959に出場するのだが、11月10日、彼女は他の候補者より遅れてロンドンに到着した。Miss Holland組織委員会としては、Miss Holland 1959のPeggy Erwichを代表に送り込むつもりでいたが、ギリギリになってペギーにドイツでの大きな仕事(モデル業)が入り、彼女にお鉢が回ってきた[6]。決勝開始数時間前、彼女のドレスに穴が開いているのが見つかった。イスラエル代表のZiva Shomratがドレスを貸してくれたため事なきを得た。ちなみに、Zivaは3位入賞[3]。優勝決定の後、アメリカ代表Loretta Powellが彼女のスリーサイズ(37-22-37インチ)はパッドで「盛った」ものだと不正を訴えたが、再計測の結果、不正はなかった[7]。ロレッタはまた、審査員の一人がコリーネの婚約者であるとも主張した[1][8]

ミス・ワールドの優勝賞金として4000ギルダー獲得。自動車と、ロイヤル・ダッチ・シェルから提供されたガソリン引換券もあったが、ロンドンからアムステルダムまで輸送できない、と、これらを売却。さらに6000ギルダーを得る。

その後[編集]

1960年代前半、国際的なモデルとして成功。1960年代後半、アムステルダムにCorine's Agencyを設立。これはベネルックス初のプロモデルのエージェンシーで、世界的にも優れたエージェンシーとされる[2]。2002年、モデル業界より引退[9]

2020年9月24日朝、死去。享年82[10]

私生活[編集]

1962年、元ジャーナリスト建築家Edo_Spierと結婚。二人の子を儲ける[10]

出典[編集]

  1. ^ a b “'Miss World' Is Chosen; Looser Wail” (英語). St. Petersburg Times (St. Petersburg FL USA). (1959年11月11日) 
  2. ^ a b Miss World 1959 -Corine Rottschafer -Netherlands”. missworld.com. 2010年3月24日閲覧。
  3. ^ a b Mitra Ipshita (2013年7月31日). “Miss Worlds of the 50s and where they are now”. ETIMES. Bennett, Coleman & Co. Ltd. 2016年11月8日閲覧。
  4. ^ Herman Lansdaal (1992). “Hoornse bay zou mooiste miss van de wereld worden -Corine Rottschaefer van de Kuil” (オランダ語). Kwartaalbladen Vereniging Oud Hoorn (14): 139-143. 
  5. ^ a b c Miss Holland 1957”. misshollandnow.com. 2020年9月26日閲覧。
  6. ^ Corine Rottschäfer, het mooiste meisje van de wereld” (オランダ語). HISTORIEK. Historiek vof. 2020年8月3日閲覧。
  7. ^ “MISS WORLD PROVES HERSELF” (英語). Pittston Gazette (Pittston, Pennsylvania USA): p. 1. (1959年11月12日) 
  8. ^ ロレッタは準優勝でなければファイナリストですらない。ここで異議を申し立てても何のメリットもないはずだが
  9. ^ Ilonke Leenheer (2013). “Dit is vast een bordeel” (オランダ語). Elsevier STIJL (13): 112-114. 
  10. ^ a b Eerste Nederlandse Miss World Corine Spier overleden”. De Telegraaf. TMG Landelijke Media B.V. (2020年9月24日). 2020年9月26日閲覧。