コリヤー兄弟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

コリヤー兄弟(Collyer brothers)は、ホーマー・コリヤー(Homer Lusk Collyer, 1881年11月6日 - 1947年3月21日)と、ラングレー・コリヤー(Langley Collyer, 1885年10月3日 - 1947年3月推定)のアメリカ人兄弟

概要[編集]

兄弟はマンハッタンに住んでいた。兄のホーマーは法律家、弟のラングレーは技師ピアニストという、社会的に優位な職に就いていた。

ところが、1909年ごろからに引き篭もるようになった。地域治安が悪化しても屋敷を離れず、外界から遮断された生活を送っていた。家のを塞ぎ、全てのバリケード鉄格子を設け、誰かが訪問に来た際には、だけを玄関から出す始末であったという。家中の至る所にを仕掛けて侵入者を撃退していたが、最終的にはそれが元で死亡したと推測されている。

兄のホーマーは引き篭もり中に病気により失明していた。

かなりの蒐集癖があったようで、彼らの死後このごみ屋敷から運び出されたものは120トンにも及んだ。

跡地のCollyer Brothers Park

コリヤー家の跡地は、現在は公園になっている。

引き籠もった原因に関しては不明な点があるが、両親離婚母親がきっかけになったともいわれる。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]