コリアスプリント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
コリアスプリント
競馬場 レッツランパークソウル
創設 2016年9月11日
2022年の情報
距離 ダート1200m
格付け 国際G3
賞金 1着賞金5億5000万ウォン(約5,130万円)
賞金総額10億ウォン(約9,000万円)
出走条件 サラブレッド3歳以上
負担重量 3歳牡馬・せん馬 55キロ(南半球産馬1.5キロ減)
3歳牝馬 53キロ(南半球産馬1.5キロ減)
4歳以上牡馬・せん馬 56キロ
4歳以上牝馬 54キロ
テンプレートを表示
コリアスプリント
各種表記
ハングル 코리아 스프린트
漢字 なし
発音 コリアスプリント
英語 Korea Sprint
テンプレートを表示

コリアスプリント코리아 스프린트Korea Sprint)は、KRAの主催で2016年より行われている韓国競走

概要[編集]

2016年7月6日、韓国馬事会とキーンランド協会は韓国初の国際招待競走となる本競走とコリアカップの創設を発表した[1]
創設当初の賞金総額と1着賞金はそれぞれ7億ウォン、3億9900ウォンであった。

2019年の第4回開催には、コパノキッキング(主戦騎手は藤田菜七子)が登録していたが、8月11日、主催者のKRAは日韓関係悪化(日韓貿易紛争など)の影響を考慮し、日本調教馬を招待しないと声明を発表した[2]

2019年から国際G3の付与が決定していたが、日本調教馬の招待回避を受けて取り消された。[3]

歴史[編集]

  • 2016年 - 韓国初の国際招待競走として創設[4]
  • 2019年 - 国際格付けとしてG3の付与(後に取り消し)、総賞金・1着賞金を増額[5]
  • 2020年 - 新型コロナウイルス感染拡大の影響で開催中止[6]
  • 2021年 - 新型コロナウィルス感染拡大の影響で開催中止(2年連続)[7]

歴代勝ち馬[編集]

年月日 勝ち馬 性齢 騎手 管理調教師 タイム 出典
第1回 2016年9月11日 香港の旗 슈퍼자키
(Super Jockey)
せん8 케리스 티탄
(K.ティータン)
밀러드
(A.ミラード)
1分11秒4 [8]
第2回 2017年9月10日 日本の旗 그레이스풀립
(Graceful Leap)
牡7 타케 유타카
(武豊)
하시구치 신스케
(橋口慎介)
1分10秒7 [9]
第3回 2018年9月9日 日本の旗 모아닌
(Moanin)
牡6 후지이 간이치로
(藤井勘一郎)
이시자카 세이
(石坂正)
1分11秒5 [10]
第4回 2019年9月8日 大韓民国の旗 블루치퍼
(Blue Chipper)
せん4 유현명
(ユ・ヒョンミョン)
김영관
(キム・ヨンガン)
1分11秒1 [11]
第5回 2022年9月4日 大韓民国の旗 어마어마
(Eoma Eoma)
牡5 문세영
(ムン・セヨン)
송문길
(ソン・ムンギル)
1分11秒2 [12]

日本調教馬の成績[編集]

出典[編集]

  1. ^ キーンランド協会、韓国最高賞金額のレースのスポンサーとなる(韓国)[開催・運営] - 海外競馬ニュース(2016/07/14)【開催・運営】”. 公益財団法人ジャパン・スタッドブック・インターナショナル (2016年7月14日). 2018年1月11日閲覧。
  2. ^ 菜七子とコパノキッキングの韓国遠征プラン消滅…韓国馬事会が9月国際G3に日本馬招待せず”. スポーツ報知 (2019年8月12日). 2019年8月12日閲覧。
  3. ^ 日韓対立、韓国競馬界に飛び火 日本馬不在で困惑も”. 日本経済新聞 (2019年9月21日). 2020年6月22日閲覧。
  4. ^ ホープフルSと大阪杯、G1新設の舞台裏” (日本語). 日本経済新聞 電子版. 2020年8月14日閲覧。
  5. ^ 2019 韓国国際競走: コリアカップ、コリアスプリントの要綱(韓国)[開催・運営] - 海外競馬ニュース(2019/06/24)【開催・運営】”. 公益財団法人ジャパン・スタッドブック・インターナショナル (2016年7月14日). 2018年6月27日閲覧。
  6. ^ 第5回コリアC、コリアスプリントは来年に延期|極ウマ・プレミアム” (日本語). p.nikkansports.com. 2020年8月14日閲覧。
  7. ^ 입력: 2021.09.10 08:56 (2021年9月10日). “‘코리아컵은 내년에 만나요’…올해 남은 경마는 어떻게 운영될까” (朝鮮語). sports.khan.co.kr. 2021年9月18日閲覧。
  8. ^ “【コリアスプリント】日本馬2頭結果出せず 最先着は3着グレープブランデー”. デイリースポーツ. (2016年9月12日). https://www.daily.co.jp/horse/2016/09/12/0009479646.shtml 2017年9月13日閲覧。 
  9. ^ “グレイスフルリープが鮮やかに抜け出し優勝/コリアスプリント”. netkeiba.com. (2017年9月10日). http://newsv4.netkeiba.com/?pid=news_view&no=126047 2017年9月13日閲覧。 
  10. ^ 김문석 (2018年9月9日). “‘런던타운’ 제3회 코리아컵 우승, 코리아스프린트 ‘모아닌’ 우승…17억의 영광은 일본에게로” (朝鮮語). 스포츠경향. http://sports.khan.co.kr/bizlife/sk_index.html?art_id=201809091927003&sec_id=561501 2018年9月9日閲覧。 
  11. ^ '20억 경마 슈퍼이벤트', 코리아컵-코리아스프린트 한국마 독식” (朝鮮語). sports.chosun.com (2019年9月8日). 2019年9月8日閲覧。
  12. ^ Full Result 7.35 Seoul (KOR) | 4 September 2022 | Racing Post”. www.racingpost.com. 2022年9月4日閲覧。

外部リンク[編集]