コラーゲンII

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

コラーゲンII』は、2人の指揮者と2群に分けられたオーケストラのための作品。作曲者は、北方寛丈(1981年 - )、菅原拓馬(1981年 - )の2人。

仙台フィルハーモニー管弦楽団の第200回定期演奏会のために書かれた。初演は外山雄三梅田俊明の2人で、同楽団により2005年3月に仙台と東京でなされた。

全く異なる性質の音楽をコラージュしていく手法、また主な素材はバッハやブラームスのコラールから引用されており、2人の指揮者と作曲家、オーケストラのコラボレーション、ということで、「コラ」の源、「コラーゲン」と命名された。

2人の指揮者は、常にひとつの群を振るわけではなく、曲が進むにつれて第1群の奏者が第2群へ移ったり、またはその逆もあったり、さらには指揮者を全く無視するパートさえある。そのため演奏には多少の困難が付きまとう。