コモン・コア・ブースター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
コモン・コア・ブースター
Atlas V AV-021 first stage erection.jpg
ソーラー・ダイナミクス・オブザーバトリーの打ち上げの為にSLC-41垂直統合施設で持ち上げられるアトラス V AV-021のCCB
製造 ロッキード・マーティン (1998年–2006年)
ユナイテッド・ローンチ・アライアンス (2006年以降)
開発国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
利用 アトラス V (第1段)
アトラス Vヘビー
(補助ロケット, 中止された)

GX (第1段, 中止された)
全体仕様
全高 32.46メートル (106.5 ft)
直径 3.81メートル (12.5 ft)
グロス重量 306,914キログラム (676,630 lb)
エンジン詳細
エンジン RD-180 1基
推力 4,152キロニュートン (933,000 lbf)
燃焼時間 253秒間
燃料 LOX/RP-1

コモン・コア・ブースター(Common Core Booster、CCB)はアトラス Vの第1段に使用されるモジュラー設計を取り入れたアメリカ合衆国のロケットである。アトラスVヘビーでは2基のCCBを両側にブースターとして配置することで重量物の打ち上げに対応する予定だが、現時点においてこの仕様はまだ開発されていない。CCBを第1段に使用するロケットとして日本のGXロケットが計画されたが2009年末に中止された。

CCBは全長が32.46メートル (106.5 ft)で直径が3.81メートル (12.5 ft)でRP-1と液体酸素を燃焼させるRD-180エンジンが1基使用される[1]

CCBとRD-180エンジンの試験はマーシャル宇宙飛行センターロシアヒムキで実施された。試験は2001年12月に最後のエンジン試験が実施された[2]。CCBを備えたアトラスⅤは2002年8月21日にケープカナベラル空軍基地41番発射台から最初に打ち上げられた[3]。2015年1月時点においてアトラスⅤは52基が打ち上げられ全て1基のCCBが使用された。[4]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Wade, Mark. “Atlas CCB”. Encyclopedia Astronautica. 2010年9月10日閲覧。
  2. ^ Lockheed Martin's Atlas V RD-180 Engine Successfully Completes Testing Program”. SpaceRef (2001年12月19日). 2010年9月10日閲覧。
  3. ^ McDowell, Jonathan. “Launch Log”. Jonathan's Space Page. 2010年9月10日閲覧。
  4. ^ Kyle, Ed. “Atlas 5 Launch Record”. Space Launch Report. 2015年2月7日閲覧。