コミ・ペルミャク管区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
コミ・ペルミャク自治管区
Permyakia03.png

コミ・ペルミャク管区Коми-Пермяцкий округ、Komi-Permyatskii okrug)はロシア連邦沿ヴォルガ連邦管区ペルミ地方管区。行政の中心はクディムカル

ソ連時代の名称はコミ・ペルミャク民族管区。その後、ペルミ州に属しながらも別個の連邦構成主体である自治管区コミ・ペルミャク自治管区 (Коми-Пермяцкий автономный округ、Komi-Permyatskii avtonomnyi okrug)となった。2005年、ペルミ州との合併により、連邦構成主体ではない管区となった。

基本情報[編集]

標準時[編集]

Map of Russia - Yekaterinburg time zone.svg

この地域は、エカテリンブルク時間帯標準時を使用している。時差はUTC+5時間で、夏時間はない。(2011年3月までは標準時がUTC+5で夏時間がUTC+6、同年3月から2014年10月までは通年UTC+6であった)

地理[編集]

ウラル山脈の西側、カマ川の上流域に位置する。北にコミ共和国、西にキーロフ州、東にペルミ州と隣り合う。

歴史[編集]

一帯は1472年にロシアに併合された。

1925年2月26日に民族管区が設置された。

産業[編集]

主要な産業は木材加工。

外部リンク[編集]