コミュニティ緊急事態対応チーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
コミュニティ緊急事態対応チーム
略称 CERT
標語 "doing the greatest good for the greatest number of people"「最善を最大の人々の為に行う」
設立 1993
親組織 市民部隊(Citizen Corps)
ウェブサイト www.fema.gov/community-emergency-response-teams
テンプレートを表示


コミュニティ緊急事態対応チーム(コミュニティきんきゅうじたいたいおうチーム、英語: Community Emergency Response Team、略称: CERT)は、米国自主防災組織アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁(FEMA)が全米で行ってる CERT プログラム。地方自治体が組織し、ボランティアとして参加する住民に、標準化されたトレーニングが提供されている。ネイバーフッド緊急対応チーム(Neighborhood Emergency Response Team、略称: NERT)や、ネイバーフッドエマージェンシーチーム(Neighborhood Emergency Team、略称: NET)などの名前が使われることもある。2021年現在、オレゴン州ポートランド市のNETプログラムが、4000人を越えるトレーニング終了者、年に12時間以上の追加トレーニングを受けている、現役チームメンバーが2000人を越え[1]、ニューヨークのCRETを抜いて、全米最大のプログラムとなっている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]