コミック アース・スター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
コミック アース・スター
MONTHLY COMIC EARTH STAR
愛称・略称 アーススター
ジャンル 漫画雑誌
読者対象 少年・青年向けコミック誌
刊行頻度 月刊(毎月12日発売)
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
定価 500円
出版社 アース・スター エンターテイメント
編集部名 コミック アース・スター編集部
発行人 幕内和博
編集長 後藤裕
雑誌名コード 370
刊行期間 2011年3月12日(2011年4月創刊号) - 2014年11月12日(2014年12月号)
レーベル アース・スター コミックス
ウェブサイト コミック アース・スターONLINE

コミック アース・スター』(Comic Earth Star)は、アース・スター エンターテイメントが運営するウェブコミック配信サイト

紙媒体として2011年3月12日に創刊[1]され、2014年をもって廃刊し、2015年よりウェブコミック誌としてリニューアルされた。

概要[編集]

レンタルビデオチェーン『TSUTAYA』を運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブのグループ企業として設立されたアース・スター エンターテイメントが、2010年に創刊を発表[注 1]pixivで新人漫画家イラストレーターの募集を行ったり[要出典]、後述する「創刊準備号」の無料配布や、インターネットラジオ番組の先行放送などの創刊準備キャンペーンを実施した。

漫画から始まる、メディアミックスコミック誌」をキャッチフレーズとし[3][1]メディアミックスを強く意識した作品展開が特徴。月刊誌には珍しく表紙や巻頭には声優グラビアを採用[4]すーぱーそに子[注 2]など他社キャラクターとのコラボレーション作品や藤原カムイなど人気作家の起用[5]、本誌[6]や単行本[7]の一部には声優を起用した付録CDを添付、2012年10月に本誌から初放送となった『てーきゅう[8]を皮切りに数作品のテレビアニメ化を企画する[9][10][11]。一部の連載作品は公式サイト上やニコニコ静画[12]で第1話ないし序盤数話の無料配信が行われている[13]。なお、雑誌名は「アース・スター」と「アース」「スター」の間に中黒が入るが、題字のロゴデザインでは中黒でなく、「アース☆スター」と白星(星の内側は黄色)が用いられている。

単行本は「アース・スター コミックス」レーベルで出版されるがアース・スター社は発行元となり、実際の発売元は泰文堂となっている。

創刊準備号[編集]

2010年8月にコミックマーケット78秋葉原の一部書店などで無料配布されたB5版・全40ページの小冊子。内容は、本誌の編集部員キャラクターたちを描いた漫画を、複数の漫画家が個別に執筆した『創刊!コミック アース・スター編集部』を収録したもの。また、中原麻衣植田佳奈早見沙織矢作紗友里を本誌の編集部員役としたボイスドラマを収録するCDを付録とし、配布場所ごとにヤスバージョン・文倉十バージョン・黒銀バージョンと表紙デザインの異なる3種を制作するなど話題とされた[14][15]

インターネットラジオ[編集]

公式サイトにて、中原麻衣、植田佳奈、早見沙織、矢作紗友里による「創刊!コミック アース・スター 編集会議」を2010年8月16日[16]より同年12月13日まで配信。配信元はHiBiKi Radio Station。創刊時の2011年3月分は音泉でも配信[17]。この番組のコーナー「漫画原作者への道」で中原らの話し合った声優としての体験談やアイデアを基にした『こえたま』が後に連載漫画化された[18]。その様子は本誌創刊号付録CD[6]並びに同作品の単行本第1巻付録CD[19]にも収録された。

デジタル版[編集]

2014年11月12日発売の2014年12月号をもって紙媒体としては休刊し、デジタル版に移行[20]。この理由について、編集長の後藤裕は「紙媒体だと売れないからではなく、創刊当初では「紙じゃないと描かない」という漫画家が多かったのが、漫画のデジタル配信の増加で「デジタルでも描いてもいい」という漫画家が多くを占めるようになり、そうした環境の変化からより多くの人に読んでもらうためにデジタル版のほうが広がりがある」と、より幅広い層への訴求力の向上が目的であるとしている[21]

デジタル版の創刊は2014年12月14日を予定していたが、アプリ開発の不具合により、2015年1月19日に延期となった[22]。2015年1月よりPCのみデジタル版を創刊したが、開発の都合上、アプリの配信は延期された[23]。その後、同年3月12日にスマートフォンアプリ版を配信[24]。2016年10月をもってアプリ版のサービスを休止し、ウェブ版に一本化された[25]

デジタル版の連載作品[編集]

作品名 作者(作画) 原作など 備考
おはあちやんとけえむ/おばあちゃんとゲーム せの そると/瀬野反人 -
かたひらしすくはりいとしたい/帷子しずくはリードしたい! すか たつろう/須賀達郎 -
ししゆうしちたいせん/四十七大戦 ひふみ/一二三 -
しんろうへのてんせいまおうのふくかん はしまりのしよう/人狼への転生、魔王の副官 はじまりの章 こすみ ゆうち/瑚澄遊智(漫画) 漂月西E田(原作)
せんこくこまちくろうたん/戦国小町苦労譚 さわた はしめ/沢田一(漫画) 夾竹桃平沢下戸(原作)
そのもののちにその者。のちに… あやの うらすけ/彩乃浦助 ナハァト三弥カズトモ(原作)
てえきゆう/てーきゅう ひよ/Piyo(作画) ルーツ(原作) 紙版より継続連載
てんせいきゆうけつきさんはおひるねかしたい転生吸血鬼さんはお昼寝がしたい さくら/咲良 ちょきんぎょ。47AgDragon(原作)
なせそなえさんはいつもいやらしいことはかりそうていしてききかんりしているのなぜ備さんはいつもいやらしいことばかり想定して危機管理しているの? まいたけ
まおうのひしよ魔王の秘書 かもなへ かもつ/鴨鍋かもつ -
まほうしようしよなんてもういいてすから/魔法少女なんてもういいですから。 ふたみ すい/双見酔 -
やせいのらすほすかあらわれた/野生のラスボスが現れた! 葉月翼 炎頭YahaKo(原作)
やまのすすめ/ヤマノススメ しろ - 紙版より継続連載
ゆうきゆうのくしやあすりいのけんしやのすすめ悠久の愚者アズリーの、賢者のすゝめ あらき ふう/荒木風羽 壱弐参武藤此史(原作)
わたしのうりよくはへいきんちでつていつたよね/私、能力は平均値でって言ったよね! ねこみんと(作画) FUNA亜方逸樹(原作)

デジタル版の連載終了作品[編集]

休刊時の主な掲載作品[編集]

連載終了作品[編集]

主催賞[編集]

アース・スター コミック大賞
創刊準備号より創設された新人賞[27]。この賞から茂木清香(第1回・佳作[28])、蔵人頭(第2回・佳作[29])がデビューした。
国民的まんがグランプリ
2014年にTSUTAYAと共同で主催された[30]。原作部門より伊藤竜也、森田彩香がそれぞれデビュー予定。
コミックアース・スター 新人賞
2016年に開催。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 従来から書籍や写真集などの出版事業も行っていたが、漫画雑誌の出版は本誌が最初である[2]
  2. ^ すーぱーそに子とのコラボレーションとしては本誌連載漫画の他に、彼女の属するガールズバンド「第一宇宙速度」名義で発売された3rdシングル「進め、BLUE STAR!」の表題曲が本誌のイメージソングとされる。(参考:進め、BLUE STAR!”. GEORIDE. 2012年10月18日閲覧。

出典[編集]

  1. ^ a b 新雑誌アース・スターに岩岡ヒサエ、藤原カムイら執筆”. コミックナタリー (2011年3月12日). 2012年10月18日閲覧。
  2. ^ 株式会社 アース・スター エンターテイメント”. 株式会社アース・スター エンターテイメント. 2012年10月18日閲覧。
  3. ^ 漫画から始まる、メディアミックスコミック誌、『月刊コミック アース・スター』3月12日新創刊!”. @PRESS(ソーシャルワイヤー株式会社) (2011年2月16日). 2012年10月18日閲覧。(アース・スター エンターテイメントによるプレスリリース)
  4. ^ 「月刊コミック アース・スター」3月12日創刊 表紙はスフィア”. アニメ!アニメ!ビズ(株式会社アニメアニメジャパン) (2011年2月16日). 2012年10月18日閲覧。
  5. ^ 「月刊コミック アース・スター」新創刊!表紙、巻頭グラビア、豪華付録に"スフィア"登場”. zakzak(産経新聞) (2011年3月2日). 2012年10月18日閲覧。
  6. ^ a b 月刊コミック アース・スター付録CDに人気声優9名出演”. アニメ!アニメ!(株式会社イード) (2011年2月24日). 2012年10月18日閲覧。
  7. ^ 「月刊コミック アース・スター」連載作品をラインナップした「アース・スター コミックス」が創刊! 初回限定版には竹達彩奈・豊崎愛生ら出演のドラマCDが付属!”. zakzak(産経新聞) (2011年10月6日). 2012年10月18日閲覧。
  8. ^ てーきゅう:連載わずか5カ月でテレビアニメ化決定”. まんたんウェブ(毎日新聞) (2012年8月10日). 2012年10月18日閲覧。
  9. ^ 豊崎&日笠ら出演の女子プロレス漫画のTVアニメ化が進行中”. おたくのスケジュール帳「おた☆スケ」(株式会社にゅーあきば) (2011年10月6日). 2012年10月18日閲覧。
  10. ^ 「まんがーる」TVアニメ企画進行中 CCCグループのマンガ誌「月刊アース・スター」から”. アニメ!アニメ!(株式会社イード) (2012年5月7日). 2012年10月18日閲覧。
  11. ^ ゆるふわアウトドア『ヤマノススメ』がTVアニメ化! 制作はエイトビット”. マイナビニュース(株式会社マイナビ) (2012年6月7日). 2012年10月18日閲覧。
  12. ^ 月刊コミック アース・スター”. ニコニコ静画. 2012年10月18日閲覧。
  13. ^ 『月刊コミック アース・スター』創刊号をweb無料配信!”. アニメイトTVフロンティアワークス) (2011年4月13日). 2012年10月18日閲覧。
  14. ^ コミック界に新星登場! 『コミック アース・スター』創刊準備号無料配布中!”. Luvits!(ラヴィッツ!)(株式会社ドライブ・ジェイ・ビー). 2012年10月18日閲覧。
  15. ^ 藤原カムイら執筆!新雑誌コミック アース・スター今冬創刊”. コミックナタリー (2010年8月18日). 2012年10月18日閲覧。
  16. ^ 「最新情報」2010年8月”. HiBiKi Radio Station. 2010年8月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年10月18日閲覧。
  17. ^ 創刊! コミック アース・スター編集会議 創刊記念スペシャル”. 音泉 (2011年3月11日). 2012年10月18日閲覧。
  18. ^ 中原麻衣、植田佳奈ら原作の声優マンガがアース・スターで”. コミックナタリー (2011年5月12日). 2012年10月18日閲覧。
  19. ^ 中原麻衣ら原案の声優物語「こえたま」1巻にドラマCD”. コミックナタリー (2012年1月12日). 2012年10月18日閲覧。
  20. ^ アース・スター休刊、デジタル版へ移行を発表コミックナタリー 2014年10月11日
  21. ^ 売れているからこその“休刊”…デジタル版への移行を決めた「月刊コミックアース・スター」編集長にその理由を聞いた! おたぽる 2014年10月14日
  22. ^ デジタル版「コミック アース・スター」創刊延期のお知らせ
  23. ^ 「コミック アース・スター」Androidアプリ版、配信延期のお知らせ2015年1月22日閲覧
  24. ^ comicearthstarのツイート (575924256128700416)
  25. ^ /comicearthstarのツイート- Twitter
  26. ^ まんがーる!:13年にテレビアニメ化決定 原作マンガのタイトルも改題”. まんたんウェブ(毎日新聞) (2012年5月7日). 2012年10月18日閲覧。
  27. ^ コミック大賞”. コミック アース・スターONLINE(アース・スター エンターテイメント). 2012年10月18日閲覧。
  28. ^ 「アース・スター コミックス」創刊第二弾が発売”. アニカンニュース(株式会社エムジーツー) (2011年11月14日). 2012年10月18日閲覧。
  29. ^ 「アース・スター コミックス」第六弾『怪ピルグリム(1)』は3月12日(月)発売。限定版は神谷浩史・花澤香菜・豊永利行出演の新録ドラマCD付き”. moca(株式会社モカニュース) (2012年3月7日). 2012年10月18日閲覧。
  30. ^ コミックス刊行やアニメ化も:賞金何と1000万円――TSUTAYAが「国民的まんがグランプリ」を開催 - ITmedia eBook USER

外部リンク[編集]