コマツナギ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
コマツナギ属
Indigofera tinctoria1.jpg
Indigofera tinctoria
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし : バラ類 rosids
階級なし : マメ類 fabids
: マメ目 Fabales
: マメ科 Fabaceae
亜科 : マメ亜科 Faboideae
: コマツナギ属 Indigofera
学名
Indigofera L.
タイプ種
Indigofera tinctoria [1]
シノニム

Vaughania S. Moore

本文参照

コマツナギ属(学名 :Indigofera)は、マメ科に属する被子植物であり、750種以上の大きな属である[2]。熱帯および亜熱帯世界の地域に広く分布している[2]

コマツナギ属のほとんどが低木であるが、多年生の種もある。ほとんどの種は、羽状の葉を持っている。 花は葉の葉腋に成長し、総状花序である。ほとんどの種は赤色の花をつけるが、白色あるいは黄色の花もつける種もある[2]

用途[編集]

インディゴ染料[編集]

コマツナギ属のうち、特にIndigofera tinctoriaIndigofera suffruticosaは、インディゴとよばれる染料の製造に利用されている。カリブ海に入植した人々はインディゴを栽培していたが、サウスカロライナ州ノースカロライナ州へ移住するとともにその栽培も移した。その地にはタスカローラ族が住んでいたが、彼らは頭部の覆いや衣類を染める染料として利用した。インディゴの輸出は18世紀後半までは振るわなかったが、チャールストン近郊においてイライザルーカスピンクニーによるアフリカ人奴隷を利用した栽培が成功し、アメリカ独立革命前において、2番目に重要になった作物となった。それは全輸出金額の3分の1以上を占めるに至った。

化学物質であるアニリンは多くの重要な染料に誘導されるが、Indigofera suffruticosaから初めて合成された。

インドネシアスンダ族は、バティックの染料として使用している。

健康と医学[編集]

コマツナギ属のいくつかの種は痛みを和らげる働きがあり、抗炎作用のある鎮痛薬として利用されている[3]Indigofera articulataは歯痛を抑える薬として利用され、Indigofera oblongifoliaは虫刺されや、ヘビに噛まれた時の腫れに対する抗炎剤として利用されている[4]

Indigofera suffruticosaIndigofera aspalthoidesは、抗炎症剤として利用されている[5]Indigofera arrectaのエキスは、潰瘍の痛みを和らげる働きがあるとして特許が取られている[6]

ケニアマサイ族は、Indigofera brevicalyxIndigofera swaziensis を歯ブラシとして利用している[7]

画像[編集]

[編集]

A[編集]

B[編集]

C[編集]

D[編集]

E[編集]

F[編集]

G[編集]

H[編集]

I[編集]

J[編集]

K[編集]

L[編集]

M[編集]

N[編集]

O[編集]

P[編集]

Q[編集]

R[編集]

S[編集]

T[編集]

U[編集]

V[編集]

W[編集]

Z[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Indigofera L. Tropicos
  2. ^ a b c Indigofera. Flora of China.
  3. ^ Tico Ethnobotanical Dictionary”. 2007年6月16日閲覧。
  4. ^ (syllabus: Duke University)”. 2014年12月23日閲覧。
  5. ^ see references 8–9 in Antimicrobial Activity of Indigofera suffruticosa”. 2014年12月23日閲覧。
  6. ^ US 6083509  "Phytodrug for management of peptic ulcer and methods of preparing and using same"
  7. ^ Bussmann, R. W., et al. (2006). Plant use of the Maasai of Sekenani Valley, Maasai Mara, Kenya. J Ethnobiol Ethnomed 2 22.