コボルディズム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
コボルディズム( W; M, N

数学において、コボルディズムとは、コンパクト多様体同値類であり、多様体の境界(フランス語で境界はコボルディズムと呼ぶ)を使って構成される。同じ次元の2つの多様体が、それらの非交和が1次元高いコンパクト多様体の境界となる。