コヒョウモン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
コヒョウモン
Brenthis ino in Mount Asahi 2000-07-29.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: チョウ目(鱗翅目) Lepidoptera
上科 : アゲハチョウ上科 Papilionoidea
: タテハチョウ科 Nymphalidae
亜科 : ドクチョウ亜科 Heliconiinae
: ヒョウモンチョウ族 Argynnini
: ヒョウモンチョウ属 Brenthis
: コヒョウモン B. ino
学名
Brenthis ino
(Rottenburg)
和名
コヒョウモン(小豹紋)
英名
The Ino Fritillary
亜種
  • B. d. mashuensis(Kono) 北海道亜種
  • B. d. tigroides(Fruhstorfer) 本州亜種

コヒョウモン(小豹紋、 Brenthis ino)は、チョウ目(鱗翅目)アゲハチョウ上科タテハチョウ科ドクチョウ亜科ヒョウモンチョウ族に属するチョウの一種。

Brenthis ino, Violetter Silberfalter 07.JPG

概要[編集]

6月下旬から7月にかけて現れる中型のヒョウモン。山地性が強く、やや暗く湿気のあるところを好む。ゆるやかに飛翔し花に集まる。吸水はまれ。

同属のヒョウモンチョウとよく似る。ともに小型で翅は丸みを帯びており同定はむずかしいが、前翅外縁だけは直線状となるヒョウモンチョウに対し、本種は前翅外縁も丸い。また、前翅表の外縁に沿って並ぶ2列の黒斑のうち後角の2つはくっついて∞状となるが、ヒョウモンチョウではそれぞれ独立する。また本種は東北地方にはいない。

幼虫の食草はバラ科オニシモツケワレモコウミヤマニガイチゴだが、オニシモツケとの結びつきが非常に強い。

分布[編集]

北海道内陸部および、中部地方の山地。国外ではユーラシア大陸北部。

参考文献[編集]

関連項目[編集]