コンテンツにスキップ

コノハガエル科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
コノハガエル科
生息年代: 始新世前期から現在, 50.3–0 Ma
分類
ドメイン : 真核生物 Eukaryota
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 両生綱 Amphibia
: 無尾目 Urodela
: コノハガエル科 Megophryidae
Günther, 1858
和名
コノハガエル科[1]
分布

コノハガエル科Megophryidae)は両生綱無尾目の科。アジアの暖温帯域(西はヒマラヤ山麓、南は大スンダ諸島 とインドネシア、東はフィリピンまで)に分布[2]。化石記録は北アメリカから見つかっている[3]。2014年現在、5属246種[4]

[編集]

以下の属がコノハガエル科とされている。Amphibian Species of the WorldAmphibiaWebでは属ごとの種が異なり、科全体の種数のばらつきが生じている[5][6]

脚注

[編集]
  1. ^ スミソニアン協会監修(2012)『世界博物学大図鑑』東京書籍, 362頁
  2. ^ Encyclopedia of Reptiles & Amphibians. Harold G. Cogger, Richard George Zweifel, David Kirshner (2nd ed.). San Diego, CA. (1998). pp. 88. ISBN 0-12-178560-2. OCLC 39559811. https://www.worldcat.org/oclc/39559811 
  3. ^ Fossilworks: Megophryidae”. fossilworks.org. 2021年12月17日閲覧。
  4. ^ Frost, Darrel R. "Megophryidae Bonaparte, 1850". Amphibian Species of the World, an Online Reference. Version 6.0. American Museum of Natural History, New York. Retrieved 29 August 2020.
  5. ^ Megophryidae Bonaparte, 1850 | Amphibian Species of the World”. amphibiansoftheworld.amnh.org. 2022年9月3日閲覧。
  6. ^ AmphibiaWeb - Megophryidae”. amphibiaweb.org. 2022年9月3日閲覧。
  7. ^ AmphibiaWeb -- Search Results”. amphibiaweb.org. 2021年3月25日閲覧。
  8. ^ AmphibiaWeb -- Search Results”. amphibiaweb.org. 2021年3月25日閲覧。
  • Cogger, H.G; Zweifel, R.G. & Kirschner, D. (2004): Encyclopedia of Reptiles & Amphibians (2nd ed.). Fog City Press. ISBN 1-877019-69-0
  • Heying, H. (2003): Animal Diversity WebMegophryidae. Retrieved 2006-MAY-08.

詳細文献

[編集]
  • "Asian Toadfrogs (Megophryidae)". Amy Lathrop. Grzimek's Animal Life Encyclopedia. Ed. Michael Hutchins, Arthur V. Evans, Jerome A. Jackson, Devra G. Kleiman, James B. Murphy, Dennis A. Thoney, et al. Vol. 6: Amphibians. 2nd ed. Detroit: Gale, 2004. p109-117.