コネチカット州会議事堂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Connecticut State Capitol
Connecticut State Capitol, Hartford.jpg
North facade of the Connecticut State Capitol, facing Bushnell Park.
所在地 コネチカット州ハートフォード
座標 北緯41度45分50.89秒 西経72度40分58秒 / 北緯41.7641361度 西経72.68278度 / 41.7641361; -72.68278座標: 北緯41度45分50.89秒 西経72度40分58秒 / 北緯41.7641361度 西経72.68278度 / 41.7641361; -72.68278
建設 1872-1878
建築家 リチャード・M・アップジョン, (1802-1878), with ジェームズ・G・バターソン, (1823-1901).
建築様式 "Eastlake Movement" style
NRHP登録番号 70000834
指定・解除日
NRHP指定日 1970年12月30日[1]
NHL指定日 1970年12月30日[2]
コネチカット州会議事堂

コネチカット州会議事堂(コネチカットしゅうかいぎじどう、Connecticut State Capitol)は、アメリカ合衆国コネチカット州の州都ハートフォードに立地する同州議会の議事堂。コネチカット州議会の上下両院の本会議場のほか、州知事室、州副知事室、州務長官室などが置かれている。

このゴシック様式の庁舎はイングランドの建築家リチャード・M・アップジョンの設計によるもので、1871年に建設が始められ、7年の歳月と250万ドル(当時)の費用を費やして完成し、1879年1月から旧州会議事堂に代わって、州会議事堂として使用されるようになった[3]。この庁舎は1970年国家歴史登録財、および国定歴史建造物に指定された[4][5]

庁舎の外観には州内のイーストカナーン産の大理石、およびロードアイランド州ウェスタリー産の御影石が用いられている。庁舎を上から見るとほぼ長方形をしており、南側に別館が建てられている。庁舎への入口は東西両側に設けられている。東側の入口は数点の州の政治・社会史上重要な人物の像、胸像、および彫刻で装飾されているのに対し、西側の入口は像のみである。また、壁画には州の歴史上重要な場面が描かれている(ただし、北側のドアの壁画には州章が描かれている)。庁舎の高さは78.3mで、一番上には金箔の貼られたドームが被せられている。ドームの周囲には農業、商業、教育、音楽、科学、軍事を象徴する12体の像が立て並べられている[6]。庁舎の内装には、州内で産出された白い大理石、および赤いスレートのほか、イタリア産の色付き大理石が用いられている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ National Park Service (2007-01-23). "National Register Information System". National Register of Historic Places. National Park Service. 
  2. ^ Connecticut State Capitol”. National Historic Landmark summary listing. National Park Service. 2007年10月3日閲覧。
  3. ^ State Capitol. State of Connecticut. 2002年8月5日.
  4. ^ Connecticut State Capitol. National Historic Landmark summary listing. National Park Service.
  5. ^ Snell, Charles W. National Register of Historic Places Inventory-Nomination, Photos. National Park Service. 1970年7月7日.(PDFファイル)
  6. ^ Roth, David M. Connecticut's New State Capitol. Connecticut Heritage.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]