コッラム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

コッラムマラヤーラム語:കൊല്ലം/ക്വയ്ലോണ്, 英語:Kollam)は、インドケーララ州コッラム県の都市。クイロン(Quilon)、デーシンガナードゥ(Desinganadu)とも呼ばれる。

歴史[編集]

コッラム(1500年)
コッラムの占領(1661年)

古くはマラバール海岸でも重要な都市であり、パーンディヤ朝の支配下にあった。

1275年、この地にマルコ・ポーロが訪れ、周辺都市を旅した[1]

1517年ポルトガルがこの地に城を建設した。

1661年オランダがこの地を占領、貿易の拠点とした。

その後、トラヴァンコール王国が占拠するも、1795年にはイギリスが支配下に置いた。

1809年トラヴァンコール戦争の際、この地でイギリスはヴェール・タンピと戦った(コッラムの戦い)。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]