コット語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
コット語
話される国 ロシア
消滅時期 19世紀
言語系統
デネ・エニセイ語族?
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 zko
Linguist List zko
Glottolog kott1239[2]
テンプレートを表示

コット語 (ロシア語: Коттский язык)とは、エニセイ語族に分類される死語。中央シベリアエニセイ川の支流マナ川英語版の流域で話されていた。1850年代に消滅した。同語族のアッサン語をコット語の方言と主張する言語学者もいる。エニセイ川下流域で話されているケット語とよく類似している。

1858年フィンランド民族学マティアス・カストレン英語版はコット語とケット語の文法書・辞書(Versuch einer jenissei-ostjakischen und kottischen Sprachlehre)を出版した。

脚注[編集]

  1. ^ Glottolog 3.3 - Kott-Assan2018年12月20日閲覧。
  2. ^ Hammarström, Harald; Forkel, Robert; Haspelmath, Martin et al., eds (2016). “Kott”. Glottolog 2.7. Jena: Max Planck Institute for the Science of Human History. http://glottolog.org/resource/languoid/id/kott1239. 

外部リンク[編集]