コッコステウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
コッコステウス
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
上綱 : 顎口上綱 Gnathostomata
: 板皮綱 Placodermi
: 節頚目 Arthrodira
: コッコステウス科 Coccosteidae
: コッコステウス Coccosteus

コッコステウス (Coccosteus) は、デヴォン紀中期から後期にかけてヨーロッパおよび北アメリカ[1]に生息していた板皮類学名は「ザラザラした骨」を意味する[2]

全長は平均20 - 24センチメートル程度、最大で約40センチメートルになったと推定されている。河川などの淡水域に生息していたと考えられている。同じ節頚目(せっけいもく)に含まれる巨大魚である、ダンクルオステウスとは、体の大きさこそ掛け離れているが[3]、よく似た形質を備えている。頭部脊椎をつなぐ関節が発達しており、大きく口を開けることができたと考えられる[2]

肉食性で積極的に狩りをすることもあれば、死んだ動物を食べる(腐肉食)こともあったと考えられている[4]

国立科学博物館(東京都)に展示されているコッコステウスの化石

出典・脚注[編集]

  1. ^ 化石イギリスロシアアメリカなどから発見されている。
  2. ^ a b 平野弘道 他、『小学館の図鑑NEO 大むかしの生物』、小学館、2004年、p50
  3. ^ ダンクルオステウスは全長6メートルを超え、コッコステウスの15倍以上に相当する。
  4. ^ Barry-Cox 他、『原色版 恐竜・絶滅動物図鑑』、大日本絵画、1998年、p37