コックサッカーブルース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

コックサッカーブルース』は、村上龍ミステリー仕立ての長編小説

あらすじ[編集]

各界のVIPの参加する秘密SMパーティーで、女の子が一人を除き全員電気ノコギリで切り刻まれた。

小さな出版社を経営する堀坂進太郎。ある日彼の別居中の妻の服を着た見知らぬ女を上がり込ますことになる。それが発端となり、SMモデルをしている女の剥ぎ取られた爪が送られて来るなど様々な変態性欲者と関わることになる。やがて堀坂は「SMの天才」という女を追いかけていく。

刊行リスト[編集]