コズミック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
JDCシリーズ > コズミック
コズミック 世紀末探偵神話
著者 清涼院流水
発行日 1996-09-05
発行元 講談社
ジャンル ミステリー
日本
言語 日本語
形態 新書
次作 ジョーカー 旧約探偵神話
コード ISBN 4-06-181928-3
テンプレートを表示

コズミック』は、講談社から刊行されている清涼院流水推理小説。清涼院流水のデビュー作にして、第2回メフィスト賞受賞作。JDCシリーズ第一期の作品である。

本作と『ジョーカー』は、互いに対となる作品であり、『コズミック 流』 → 『ジョーカー 清』 → 『ジョーカー 涼』 → 『コズミック 水』の順番(清涼in流水)で読むと、初めて浮かび上がる仕掛けが施されている。

著者はこの両作品を一つの作品「コズミック・ジョーカー」と位置づけている。

作品[編集]

清涼院流水のデビュー作[1]。第2回メフィスト賞受賞。「10年に1度の話題作」などと騒がれる[1]

ストーリー[編集]

『犯罪予告状』

    「今年、1200個の密室で1200人が殺される。誰にも止めることはできない」 ― 密室卿

1994年1月1日午前0時1分、上記の文面が警察庁マスコミ各社・JDCにファックスで送信された。それから起こり始める数々の奇怪な「密室殺人」。果たして犯行のトリックは? 密室卿の正体とは!?

同じ頃、イギリス国内で続いていた連続切り裂き殺人事件。日本とイギリス、遠く離れた地で起こっている2つの事件に酷似性を見出したJDCの探偵たち。2つの事件の関連性は!?

登場人物[編集]

JDC[編集]

鴉城蒼司、九十九十九、不知火善蔵、龍宮城之介、霧華舞衣、氷姫宮幽弥、九十九音夢
雨霧冬香、天城漂馬、ピラミッド・水野、水流姫子、半斗舞夢

DOLL[編集]

ロンリー・クイーン

警察関係者[編集]

鮎川 哲子(あゆかわ てつこ)
京都府警警部キャリア。幻影城事件の捜査にも参加。妹・鶴美が密室卿事件の10番目の被害者となる。
佐渡 九冬(さど くとう)
炭酸飲料が好き。
蟹場 尋高(かにば ひろたか)
警視庁の警視。「~決まっとる!」というのが口癖。

その他[編集]

水瀬 なぎさ(みなせ - )
小説家。兄で推理小説家の濁暑院溜水を幻影城事件で亡くす。
氷神 仙才(ひかみ せんさい)
白髪白髯の老人。
高部 優(たかべ ゆう)
京都大学学生。推理小説研究会の一員。事件に関する意見を求められる。
麻生 茉緒(あそう まつお)
フリーター。JDCに密室卿の予告電話などをかけるが、自身が18番目の被害者となる。両親が松尾芭蕉の大ファンで、名前の「茉緒」は、彼に由来する。
クリスティナ・フィリップス
ロンドン警視庁警視。

既刊一覧[編集]

講談社ノベルス

講談社文庫

  • コズミック 流 ISBN 4-06-264649-8
  • コズミック 水 ISBN 4-06-264868-7
    • 「ジョーカー 清」「ジョーカー 涼」の文庫版と表紙の絵柄が繋がる趣向が成されている。また、繋げ方も一通りではない。

漫画[編集]

あすかコミックスDX(作画:蓮見桃衣)

幻冬舎コミックス漫画文庫(作画:蓮見桃衣)

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b 清涼院流水 「文庫版あとがき 「コズミック」を「ゼロ」にするための16年間」『コズミック・ゼロ 日本絶滅計画』 文藝春秋〈文春文庫〉、2012年5月10日、第1刷、502ページ。ISBN 978-4-16-780182-3