コスモス23号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コスモス23号
所属 ソビエト連邦
国際標識番号 1963-050A
カタログ番号 00707
状態 運用終了
目的 気象衛星の技術試験
打上げ機 コスモス
打上げ日時 1963年12月13日
消滅日時 1964年3月27日
物理的特長
本体寸法 直径1.2m 長さ1.8m
質量 347kg
姿勢制御方式 3軸姿勢制御
軌道要素
周回対象 地球
軌道 低軌道
近点高度 (hp) 241km
遠点高度 (ha) 540km
軌道傾斜角 (i) 48.98
軌道周期 (P) 92.3分

コスモス23号ロシア語: Космос-23、ラテン文字表記の例: Kosmos 23, Cosmos 23)とは、1963年ソビエト連邦が打ち上げた人工衛星である。気象衛星の開発のために打ち上げられた試験機で、同じ目的の衛星としてコスモス14号に続く2機目であった。

概要[編集]

コスモス23号は1963年12月13日にカプースチン・ヤールからコスモスロケットにより打ち上げられた。この衛星はコスモス14号(1963年4月打ち上げ)と同様に三軸姿勢制御太陽電池などのシステムをテストした。また、ソ連の衛星として初めて、地球の夜間の雲を赤外線で撮影したと言われている[1]

コスモス23号は打ち上げから105日後の1964年3月27日に大気圏に再突入した[1]

コスモス14号と23号はソ連における気象衛星の最初の段階として運用された。次の段階の試験機はコスモス122号で、その後メテオールシリーズ気象衛星として実用化された。

参考文献[編集]

  1. ^ a b Cosmos 23”. NASA NSSDC. 2012年10月17日閲覧。

関連項目[編集]