コスタ・ビクトリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
コスタ・ビクトリア
Costa Victoria in Dubrovnik.jpg
ドゥブロヴニク付近を航行中の本船
基本情報
船種 クルーズ客船
船籍 イタリアの旗 イタリア
所有者 コスタ・クルーズ
運用者 コスタ・クルーズ
建造所 ブレーマー・ヴルカン造船所
ロイド・ヴェルフト
姉妹船 ノルウェージャン・スカイ(準同型船)
信号符字 IBLC
IMO番号 9109031
MMSI番号 247109000
経歴
起工 1994年11月18日
進水 1995年9月2日
竣工 1996年7月13日
就航 1996年
現況 就航中
要目
総トン数 75,166 トン
全長 252.9 m
32.2 m
喫水 8.0 m
機関方式 ディーゼル・エレクトリック
出力 40,786馬力
航海速力 23.0 ノット
旅客定員 1928名(最大2464名)
乗組員 800名
テンプレートを表示

コスタ・ビクトリア(Costa Victoria)は、コスタ・クルーズが運航しているクルーズ客船

概要[編集]

コスタ・ビクトリア級の1番船としてドイツのブレーマー・ヴルカン造船所で建造されていたが、艤装工事中に同造船所が倒産したため、同じくドイツのロイド・ヴェルフトで最終仕上げを行い、1996年7月13日竣工した。 客室は全部で964室あり、そのうちの573室が海側に面している。 7月28日からヴェネツィア起点の地中海クルーズに就航、11月10日からはカリブ海クルーズを行い、以降夏期は地中海、冬期はカリブ海に就航している。 その後、2004年1月12日から2月7日の間、ロイド・ヴェルフトでデッキ9、10の海側客室(アウトサイド・キャビン)242室とデッキ11のスイート4室にベランダを新設する等の大規模改装を行った。

尚、若干大型化され「コスタ・オリンピア(Costa Olympia)」となる予定だった2番船は、上記の造船所倒産により未完成のままノルウェージャン・クルーズ・ラインに売却され、「ノルウェージャン・スカイ(Norwegian Sky)」として竣工した。

2012年から通年アジアに配船されており、11~3月は東南アジア、4~10月は日本、中国、韓国を中心として運航している。

2013年のG/W時期から九月までの間に、H.I.S.クルーズプラネットが共同でチャーターして、日本発着クルーズを行なった。

ギャラリー[編集]

参考文献[編集]

  • 海人社『世界の艦船 増刊 世界のクルーズ客船 2009-2010』2009年12月号増刊 No.716
  • 海人社『世界の艦船』1997年8月号 No.527
  • 海人社『世界の艦船』2003年7月号 No.612
  • 海人社『世界の艦船』2004年4月号 No.624
  • 海事プレス社『クルーズシップ・コレクション2012-2013』4月臨時増刊

外部リンク[編集]